October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« June 2018 | Main | August 2018 »

July 2018

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の感想

Jyura5 閉鎖されたテーマパーク〈ジュラシック・ワールド〉を大噴火が飲み込もうとしていた。世界では恐竜たちを保護するかで論争が起こるも一刻の猶予もない。元パークの責任者クレアはオーウェンと共に行動を起こすが、思わぬ事態に遭遇する。
 
 『ジュラシック・ワールド』の続編となる作品で、事故を起こしたパークと恐竜たちの、その後が描かれています。パークのある島が噴火の危機に直面して、恐竜たちは再び絶滅の道を辿ろうとしています。そこで遺伝子操作され生まれた大古の生物は保護するべきか?といった悩ましい問題となります。そんなときでも、いろんな思惑を持った人たちが群がってくるあたり、結局のところ身勝手な人間のエゴが見えてきます。
 ジュラシック・パークから続くシリーズを完結するような内容で、原作の発するテーマが強く読み取れます。ゆえにシリーズの中では恐竜の怖さより人間の怖さを見るような作品になっていますね。前半は噴火の中に飛び込むディザスター・ムービーのよう。クレアやオーウェンの島からの脱出にハラハラさせられます。そして無事救出された恐竜たちの末路に切なくなります。けして夢のある話ではないようで、むしろ人類の未来のほうが危惧されるかもしれません。


『ハン・ソロ/スター・ウオーズ・ストーリー』の感想

Hansoro 帝国の支配が強まるなか、自由を夢見て惑星コレリアからの脱出を企てたハンと幼馴染みのキーラ。しかし、脱出できたのはハンだけだった。月日が流れ、いつの日か宇宙船を手に入れるため盗賊に加わると、キーラとの意外な再会をはたすことに。

 エピソード4~6の主要キャラ“ハン・ソロ”の若き頃を描いたスピン・オフ作品です。ファルコン号や相棒チューバッカとの出会いなど、本編では語られないエピソードは興味深いですね。それにしてもチューバッカの年齢にはビックリ。
 そして、そこに至る前、幼馴染みのキーラとの惑星脱出などドラマがあります。パイロットになって迎えに行くはずが、彼女は犯罪組織の幹部になっているとは・・・。互いに生き抜く為には手段を選べないのですね。後にキーラはどうなってゆくのか気になりますが、本編にかかわってないのが残念。ちょっぴり切ない別れとなってしまいます。
 今作はスピン・オフとしてスター・ウオーズの世界を拡げています。登場するキャラやバックグラウンドでの繋がりも楽しめました。エピソード3からの繋がりは物足りないかもしれないけれど、まさしく遠い銀河のお話でした。

« June 2018 | Main | August 2018 »