August 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« 『ラプラスの魔女』の感想 | Main | 『万引き家族』の感想  »

『ランペイジ 巨獣大乱闘』の感想

Ranpei_2 宇宙基地で事故が発生。製薬会社が密かに実験していたウィルスと共に地上に落下してしまう。それによって巨大で凶暴になった生物が街を襲いはじめた。巨大化したゴリラとは意思を通わせていた霊長類学者のデイビスは事態を収拾しようと奔走する。

 もはや怪獣ですね。遺伝子変異を起こした動物たちは巨大で、いろんな能力も身に着けています。登場するのはゴリラにオオカミ、そしてワニでしたがゴリラはキングコングでお馴染みだけど、オオカミとワニは他のDNAも入って違う生物のよう。当然、怪獣のように街を破壊しまくるわけです。
 これに対抗するのは霊長類学者で元軍人というデイビス。演じるのはドウェイン・ジョンソンですから、規格外の彼なら巨獣にも勝てそうな気がします。巨大化する前のゴリラとは手話で会話できたり、深刻な事態なのだけれど笑ってしまいそうなノリの映画ですね。軍が出動してもことごとくやられるなか、動物に詳しく強靭な肉体を持つデイビスの出番ですよ。3体の巨獣とのバトルの行方はどうなることか・・・。まぁ、楽しく観れました。いろんな問題を盛り込んでるけど、どうでもいいですねぇ。

« 『ラプラスの魔女』の感想 | Main | 『万引き家族』の感想  »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48770/66760428

Listed below are links to weblogs that reference 『ランペイジ 巨獣大乱闘』の感想:

« 『ラプラスの魔女』の感想 | Main | 『万引き家族』の感想  »