October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« バイオ・ハザード: ザ・ファイナル | Main | 『ジオストーム』の感想  »

『キングスマン ゴールデン・サークル』の感想

Kingusuman2 クラシックな英国紳士を気取る主人公エグジー。彼が勤める高級スーツ店「キングスマン」の裏の顔はスパイ組織だった。ある日、謎の組織から襲撃を受けてキングスマンの拠点は壊滅してしまう。


 コミカルでブラックユーモアの効いたスパイ映画です。監督は『キック・アス』のマシュー・ボーンということで、なるほど。おバカと言ってしまえば其れまでですが、悪ノリ具合がツボに嵌れば笑えます。ちょっと付いていけないところが多々あっても、まぁ、シリーズ2作目ということは、その辺がウケてるのでしょう。このところシリアスなスパイ映画が続いていましたし。そう007も、かなりシリアスになっていますから・・・。そこで名シーンへのオマージュなのか、パロディなのか?なんとなく懐かしさも感じられます。嘘みたいな秘密兵器の登場もいいですね。
 それにしても今回、いきなりキングスマンの拠点は壊滅してしまい、仲間も失ってしまいます。ちゃぶ台返しのようなホント強引な展開です。敵は世界的麻薬組織ゴールデン・サークル。ボスはサイコパスってわけで、アメリカの同盟組織と共に野望に立ち向かうことに。しかし、敵か味方か?二転三転するあたり痛快です。何でもありだけに、次回はどんな方向へむかうのか気になりますね。

« バイオ・ハザード: ザ・ファイナル | Main | 『ジオストーム』の感想  »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48770/66257353

Listed below are links to weblogs that reference 『キングスマン ゴールデン・サークル』の感想:

« バイオ・ハザード: ザ・ファイナル | Main | 『ジオストーム』の感想  »