December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント | Main | ジェイソン・ボーン »

ハドソン川の奇跡

Hadosongawa 2009年1月15日、ニューヨークを飛び立った旅客機は、突然エンジンが停止してしまう。空港へ引き返すことは不可能と判断した機長のサリーは咄嗟にハドソン川へ不時着を決断する。乗客全員が生存という偉業に“ハドソン川の奇跡”としてサリーは英雄となるが・・・

 絶望的な航空機事故から生還した実話を基にした作品です。2009年のことですから記憶にも残っていますね。大都会の上空で墜落したなら大参事になるところです。機長のサリーはハドソン川への不時着を決断するのですが、まったく迷っていません。迷っていたなら間に合わないところでした。そんな奇跡的な出来事を劇中で見るわけで、実際に起きたことゆえに緊迫感があります。
 ここで乗客全員が生還するという偉業にサリーは英雄となります。サリーの操縦技術と判断によるのは確かです。しかし、メデタシとならないのが現実のようです。この作品のなかで事故調査委員会はサリーの判断に疑問をいだいています。事故のニュースでは語られない一面ですね。川への着水は危険な行為でもあるわけです。その辺のところは劇中で納得です。当然、飛行機は沈んでしまいます。しかも真冬の川に飛び込む乗客もいますから。事故調査委員会は着水という究極の判断に疑惑の目を向けています。本当に空港へ引き返せなかったのか?フライトデータにはエンジンがまだ動いていた可能性が示されていますし、シミュレーションでは可能という結果がでています。引き返せたなら飛行機も無事ですし、乗客も危険にさらすこともないですからねぇ。
 その辺のところでサリーと事故調のやり取りをみるのですが、どちらが正しいのか?そんなことは観ている側には理解できません。まぁ、現場と事務方では認識の違いがあるあたり、何だか身近に感じるところでもあります。ちょっとドラマ部分は薄いけれど、様々な思惑が交錯する現実のなか、確かに奇跡を見たようです。( ̄Д ̄;;


評価:moon2

« BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント | Main | ジェイソン・ボーン »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48770/64296525

Listed below are links to weblogs that reference ハドソン川の奇跡:

« BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント | Main | ジェイソン・ボーン »