December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« ロスト・バケーション | Main | シン・ゴジラ »

ターザン:REBORN

Tazan かつてジャングルで育ち、ターザンと呼ばれた英国貴族ジョン・クレイトンは妻ジェーンとロンドンで暮らしていた。ある日、政府の依頼でコンゴのジャングルを訪れるが、それは罠だった。妻をさらわれ、侵略される故郷を前に戦いを決意する。

 アニメやドラマで有名なジャングルのヒーロー“ターザン”が実写映画で登場です。作品としては久しぶりの登場ですがピンときませんね。知っているようで知らないことも多いので、少々おさらいしたほうがよさそうです。ターザンことジョン・クレイトンは、わけあってジャングルでゴリラに育てられた英国貴族の子で、動物たちとコミュニケ-ションもとれる野生児ってことです。
 今作はタイトルにあるREBORNのとおり 、ジャングルを離れた後のターザンの物語というわけです。ターザンが英国貴族として暮らしているのには違和感があるけれど、本人も生活になじめていないようです。演じるアレキサンダー・スカルスガルドが知性と野性味をもったターザンにピッタリでした。そんな彼が奴隷狩りや資源を搾取されている現実を前に、故郷の危機を救うべく戦うとことになります。まぁ、妻ジェーンを救うのが第一だったわけですが。それにしても相手は軍隊ですから一人で勝てるわけはありません。それでも、彼が奴隷を解放し動物たちをも味方にしてしまいます。動物の大軍を率いて、もはや人間を超えた伝説のターザンへ戻っているのです。ジャングルを縦横無尽に駆け回る姿は、今だからこその映像表現に圧巻です。
 そして、ときおりターザン時代の回想が入っていて、ゴリラとの生活やジェーンとの出会いなど興味深いところでした。こうなると最初の話から見てみたいと思えますね。ヒーローたちがあふれる昨今、ジャングルのヒーローは今の時代に新鮮でした。ψ(`∇´)ψ


評価:moon1

« ロスト・バケーション | Main | シン・ゴジラ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48770/63999655

Listed below are links to weblogs that reference ターザン:REBORN :

« ロスト・バケーション | Main | シン・ゴジラ »