December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« ゴーストバスターズ | Main | スーサイド・スクワッド »

ジャングル・ブック

Jyanguru ジャングルに取り残され狼に育てられた人間の子モーグリ。動物たちの世界で幸せに暮らしていた。ある日、人間への復讐に燃えるトラのシア・カーンが現れ、モーグリを執拗に狙うようになる。森の動物たちはモーグリを守ろうとするが・・・

 ディズニーのアニメ映画などでお馴染みのジャングル・ブックが実写映画で登場です。モーグリ以外は動物ですから、これらはCGで出来ているのでしょう。モーグリとは人のように会話したりするけれど、何だか普通に見れてしまうのは面白いですね。
 そもそも子供向けの映画だろうと思っていたら、意外にも興味深い内容でした。ジャングルでは人間は敵なのか?恐ろしいシア・カーンが現れて、狼のラクシャたちはモーグリを人間の村へ帰そうと決めます。もっとも、モーグリ自身が仲間の動物たちに迷惑をかけないようジャングルを後にします。しかし、ジャングルの動物たちとモーグリの関係はそれぞれ違っているようです。あくまでも自分の子供という狼のラクシャは、モーグリが道具を使うことを禁じていました。旅の途中で出会う熊のバルーは、モーグリを利用してご馳走にありついています。また、ギガントピテクスのキング・ルーイは火を使う人間の知恵を得てジャングルの支配を目論む。ギガントピテクスって絶滅した類人猿ですよね。意味深ですねぇ。何だか油断ならないところは、動物の世界というよりも人間の世界を風刺しているようです。結局は一番に人間を恐れているのはシア・カーンなのでしょう。
 シア・カーンに仲間がひどい目に合っていることを知り、ジャングルへ戻るモーグリです。火を手にいれて戦うことを決意したわけだけれど、やっぱり人間が一番恐いかもって思えますねぇ。火は使い方を誤ればジャングルを焼きつくしてしまいます。動物たちと人間の関係はどうあるべきか?道具はどう使うのか?思わぬところで考えさせられました。(。・w・。 )


評価:moon1

« ゴーストバスターズ | Main | スーサイド・スクワッド »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48770/64116253

Listed below are links to weblogs that reference ジャングル・ブック:

« ゴーストバスターズ | Main | スーサイド・スクワッド »