December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« レジェンド 狂気の美学  | Main | インデペンデンス・デイ:リサージェンス »

アリス・イン・ワンダーランド/ 時間の旅

Arisu2  3年に渡る航海を成功させてロンドンに戻ったアリス。しかし会社の状況は一変、父の形見のワンダー号を手放さなくてはならないことに。途方に暮れる彼女のもとにアブソレムが現れ、友人マッド・ハッターの危機を伝える。アリスは鏡を通り抜け、ワンダーランドへ。

 前作「アリス・イン・ワンダーランド」から3年後を描いた作品です。ワンダー号の船長として、アリスは随分と勇ましい女性になっていました。なんで、またワンダーランドへゆくことになるかといえば、友人マッド・ハッターに危機が訪れています。死んだはずの家族を待ち続けているというわけで、思いつめたまま死んでしまいそう。何で今更ってところですけど、あまり深く考えてはいけませんねぇ。もっとも、ワンダーランドはアリスの心を映す世界のようです。現実世界では途方に暮れていたアリスですから、ハッターを放ってはおけません。ハッターの家族を救う為、過去へ遡る旅にでることになります。
 ここでワンダーランドの時間をつかさどるタイムとの戦いとなります。アリスにとって時間は、全てを奪う敵というわけです。まあ、擬人化されたタイムは悪い人ではないようですけど。奪ったタイムマシンで過去へ遡るなか、赤の女王やワンダーランドの住人たちの過去を見ることになります。前作で登場した個性的なキャラたちが再登場。謎だった部分を補完するような内容で興味深いですねぇ。それゆえ新しいキャラなどは登場していませんので新鮮さはありませんでした。
 今作ではアリスが不思議なワンダーランドで不思議な時間旅行をするわけです。何でもありな世界、映像としては楽しめる内容でした。3Dの方がより楽しめるかもしれません。結局、どう足掻いてみても過去を変えることはできないのですが・・・。ところどころ教訓めいたセリフもあって考えさせられます。現実の問題とリンクしているわけだけれど、物語は抽象的に表現されていてわかりにくいところですねぇ。まぁ、過去と向き合うことはできたかもしれません。この冒険をとおして再び前向きなアリスになっていますしね。かつての小説の主人公は、強い大人の女性になってしまったようです。もう、ワンダーランドへ行くことは無いのかもしれません。(゚0゚)


評価:moon2

« レジェンド 狂気の美学  | Main | インデペンデンス・デイ:リサージェンス »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48770/63884237

Listed below are links to weblogs that reference アリス・イン・ワンダーランド/ 時間の旅:

« レジェンド 狂気の美学  | Main | インデペンデンス・デイ:リサージェンス »