December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« 64-ロクヨン-後編  | Main | アリス・イン・ワンダーランド/ 時間の旅 »

レジェンド 狂気の美学 

Legend 1960年代のロンドン。レジナルドとロナルドの双子のギャング、クレイ兄弟の影響力は留まることをしらず街の権力を手中に収めようとしていた。向かうところ敵なしの栄華を極めた二人だったが、やがて兄弟の絆にも綻びが生じてゆく。

 伝説的な双子のギャングの半生を描いた作品です。始まりがあれば終わりがあるわけで、裏社会で一時代を築いた二人の栄枯盛衰を見ることになります。ここではトム・ハーディがロンとレジーの二役を演じています。性格がまるで違う二人を演じ分けているのが面白いですね。
 セレブたちとも上手く立ち回るレジーにたいして凶暴性と偏執性をもったロン。頭脳と暴力、このコンビだからこそ裏社会の頂点に立てたのかもしれません。劇中では全てを手中にしたころ、レジーは部下の妹フランシスと恋に落ちます。レジーは身なりもよく街の住人には慕われていますから、ギャングには見えませんもの。悪事と手を切るという約束で結婚するのだけれど・・・。そう簡単にはいかないわけです。ロンとの関係もありますし、華やかな世界には裏があるわけです。やがて警察にも目を付けられて刑務所に入り、フランシスとの関係もギクシャクしてきます。クラブの経営もロンの破滅的な行動から立ち行かなくなり、兄弟の絆の危ういものになってゆく。
 そう、どこかで歯車がかみあわなくなってゆくというよくあるパターンなのです。悪事を重ねてきたレジーですが、フランシスへの愛は純粋だったというところが悲しい結末ですね。もっとも、ギャングを辞められたなら最悪の事態は避けられたのでしょう。怒ったレジーはロンと入れ替わったかのような豹変ぶりでした。人は変われるのか?といったところが物語のなか考えさせられるところです。( ´_ゝ`)フーン


評価:moon2

« 64-ロクヨン-後編  | Main | アリス・イン・ワンダーランド/ 時間の旅 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48770/63829993

Listed below are links to weblogs that reference レジェンド 狂気の美学 :

« 64-ロクヨン-後編  | Main | アリス・イン・ワンダーランド/ 時間の旅 »