December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« デッドプール | Main | レジェンド 狂気の美学  »

64-ロクヨン-後編 

64kouhen 昭和64年の7日間に起きた少女誘拐殺人事件、通称ロクヨン。時効まで1年を切ったころ、ロクヨンを模倣した誘拐事件が発生する。広報官の三上は、記者クラブへの対応に苦慮しながらも事件の真相に迫ってゆく。
 
 横山秀夫の小説『64(ロクヨン)』の映画化。今回は二部作の後編になります。未解決事件ロクヨンを模倣した事件が発生、いきなり緊迫した展開から始まります。事件は現在進行形ということで、犯人からの身代金の要求があり、指示を受けた父親が翻弄されてゆきます。警察も追跡しているなか、ロクヨンと同じ軌跡をたどるという謎めいた展開の結末が気になります。
 まぁ、この事件の真相はすぐに分かってしまいますが、被害者が加害者となって犯人を追い詰めてゆくというところがやるせないものです。事件を模倣して意趣返しするあたり、被害者の感情が伝わってきます。警察が捜査ミスを隠蔽したことから捜査が難航してしまったわけですから、警察への憤りも感じられるところです。
一方で三上の広報室は事件の情報をもらえません。前編でもめた記者クラブに東京の本社からも多くの記者が派遣されてきます。県警の対応に反発して、再び混乱を招いてしまうあたり前編とかぶせているのでしょう。今回は地方の記者も叩かれる立場になっていて、警察組織と同様に中央と地方の対立というものを意識させます。
 そしてロクヨン事件は解決するかにみえて、警察メンツの為になかなか逮捕にいたりません。隠蔽した過去が明らかになってしまいますから。でも最後は三上が暴走してしまいますけどね。そもそも64年に取り残されたのは被害者だけではなく、事件に携わった者たちの想いや、犯人自身だったのでしょう。今作では、いろんな人のドラマが交錯していて全てがスッキリとはいきません。何だか皆、過去に捕らわれて生きていたようです。辛いところですが事件をきっかけに前に進むことができたのは希望のようです。(u_u。)


評価:moon1

« デッドプール | Main | レジェンド 狂気の美学  »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48770/63795411

Listed below are links to weblogs that reference 64-ロクヨン-後編 :

« デッドプール | Main | レジェンド 狂気の美学  »