December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« May 2016 | Main | July 2016 »

June 2016

レジェンド 狂気の美学 

Legend 1960年代のロンドン。レジナルドとロナルドの双子のギャング、クレイ兄弟の影響力は留まることをしらず街の権力を手中に収めようとしていた。向かうところ敵なしの栄華を極めた二人だったが、やがて兄弟の絆にも綻びが生じてゆく。

 伝説的な双子のギャングの半生を描いた作品です。始まりがあれば終わりがあるわけで、裏社会で一時代を築いた二人の栄枯盛衰を見ることになります。ここではトム・ハーディがロンとレジーの二役を演じています。性格がまるで違う二人を演じ分けているのが面白いですね。
 セレブたちとも上手く立ち回るレジーにたいして凶暴性と偏執性をもったロン。頭脳と暴力、このコンビだからこそ裏社会の頂点に立てたのかもしれません。劇中では全てを手中にしたころ、レジーは部下の妹フランシスと恋に落ちます。レジーは身なりもよく街の住人には慕われていますから、ギャングには見えませんもの。悪事と手を切るという約束で結婚するのだけれど・・・。そう簡単にはいかないわけです。ロンとの関係もありますし、華やかな世界には裏があるわけです。やがて警察にも目を付けられて刑務所に入り、フランシスとの関係もギクシャクしてきます。クラブの経営もロンの破滅的な行動から立ち行かなくなり、兄弟の絆の危ういものになってゆく。
 そう、どこかで歯車がかみあわなくなってゆくというよくあるパターンなのです。悪事を重ねてきたレジーですが、フランシスへの愛は純粋だったというところが悲しい結末ですね。もっとも、ギャングを辞められたなら最悪の事態は避けられたのでしょう。怒ったレジーはロンと入れ替わったかのような豹変ぶりでした。人は変われるのか?といったところが物語のなか考えさせられるところです。( ´_ゝ`)フーン


評価:moon2

64-ロクヨン-後編 

64kouhen 昭和64年の7日間に起きた少女誘拐殺人事件、通称ロクヨン。時効まで1年を切ったころ、ロクヨンを模倣した誘拐事件が発生する。広報官の三上は、記者クラブへの対応に苦慮しながらも事件の真相に迫ってゆく。
 
 横山秀夫の小説『64(ロクヨン)』の映画化。今回は二部作の後編になります。未解決事件ロクヨンを模倣した事件が発生、いきなり緊迫した展開から始まります。事件は現在進行形ということで、犯人からの身代金の要求があり、指示を受けた父親が翻弄されてゆきます。警察も追跡しているなか、ロクヨンと同じ軌跡をたどるという謎めいた展開の結末が気になります。
 まぁ、この事件の真相はすぐに分かってしまいますが、被害者が加害者となって犯人を追い詰めてゆくというところがやるせないものです。事件を模倣して意趣返しするあたり、被害者の感情が伝わってきます。警察が捜査ミスを隠蔽したことから捜査が難航してしまったわけですから、警察への憤りも感じられるところです。
一方で三上の広報室は事件の情報をもらえません。前編でもめた記者クラブに東京の本社からも多くの記者が派遣されてきます。県警の対応に反発して、再び混乱を招いてしまうあたり前編とかぶせているのでしょう。今回は地方の記者も叩かれる立場になっていて、警察組織と同様に中央と地方の対立というものを意識させます。
 そしてロクヨン事件は解決するかにみえて、警察メンツの為になかなか逮捕にいたりません。隠蔽した過去が明らかになってしまいますから。でも最後は三上が暴走してしまいますけどね。そもそも64年に取り残されたのは被害者だけではなく、事件に携わった者たちの想いや、犯人自身だったのでしょう。今作では、いろんな人のドラマが交錯していて全てがスッキリとはいきません。何だか皆、過去に捕らわれて生きていたようです。辛いところですが事件をきっかけに前に進むことができたのは希望のようです。(u_u。)


評価:moon1

デッドプール

Deadpool ウェイド・ウィルソンは恋人との結婚を控えて幸せの絶頂にいた。しかし、それも束の間、末期ガンを宣告される。そこで、ガンを根治できるという怪しい組織に同行した彼は人体実験を受けた。ウェイドは人並外れた治癒能力を得たものの醜くい姿になってしまう。
 
 破天荒なアメコミ・ヒーローの登場です。もとは「X-MEN」に登場していたキャラらしいけど知りませんでした。怪しい組織に人体改造されてウルヴァリンの能力を身に着けたってわけです。つまり死なないらしい。なんといってもヒーローらしからぬ言動とのギャップが新鮮で笑えます。もっとも、自身はヒーローとは思っていないようで、悪党を懲らしめる・・いや、躊躇なく殺していますね。自らの復讐の為に戦うし、無責任で自己中、下ネタも連発とあっては微妙なところかも。なんたってR指定ですから、そこのところが新世代のヒーローなのでしょう。昨今の映画を見ていると、いろんなヒーローがいるものだと感心してしまいます。
 そして物語は、1作目ということでデッドプールの誕生秘話と組織への復讐という分かりやすい話でした。きっと2作目は無いかも・・・。人体改造をされたことでガン細胞が暴走して醜い姿になったウェイド。組織に売られることが分かって脱走したというわけです。そして恋人との関係を取り戻そうと必死ですが、再会をためらうあたりノリのいい普段とは違った一面ものぞかせています。
 全身を赤いコスチュームで、どこかスパイダーマンの二番煎じのようにもみえますが、喋りとアクションはイケてます。ときおり観ている側にも話しかけてきますしね。あえてユルイ感じのツッコミどころも多い作品です。でもハードなアクションも魅せてくれるし退屈はしませんでした。数ある中、こんなヒーローがいてもよいのかも。(゚m゚*)


評価:moon2

エンド・オブ・キングダム

End_of_king ホワイトハウス襲撃から二年。バニングはシークレットサービスに復帰していた。英国首相の葬儀の為、各国の首脳がロンドンに集まっているさなか大規模テロが起こる。からくも大統領と脱出を図るバニングたち。しかし次々と追っ手が迫る。

 元シークレットサービスのバニングがホワイトハウスでテロリストと戦った『エンド・オブ・ホワイトハウス』の続編です。今回はロンドンに舞台を移して大規模なテロに見舞われます。まさにエンド・オブ・・・ってくらいに滅茶苦茶な状態ですね。主要国のリーダーが犠牲になってしまいますし、しかもあっけなく日本の首相も?・・・。ロンドンは機能停止に陥っています。アメリカ大統領アッシャーとバニングたちは現場をからくも脱出しますが、テロリストの目的はアッシャーですから執拗に追っ手がやってきます。
 もっとも今作でもマイク・バニングは頼れる男でした。無敵というか不死身かってくらい。ジャック・バウアーなみです。ただし、今作では彼には守るべき家族ができましたね。大統領を護りつつ自らも生き抜かなければなりません。でも無茶ぶりは相変わらずのようで、家族のこと考えているのやら。
 発端は武器商人の復讐なのですが、ストーリーはどうでもよい感じです。周到な準備をしたテロリストたちは執拗に追いかけてきます。警官になりすましたり、あらゆるところに潜んでいますから。仲間が次々と倒れ孤立無援となったアッシャーとバニングの二人で逃走することになります。ノンストップで続くスリリングな展開がいいです。そして、官邸で指揮をとる副大統領(モーガン・フリーマン)のサポートも健在でした。
 前作同様、緊張感の続くクライムアクションを楽しめました。もう、激しいアクションがあればいいのです。あっさりしたドラマに感動は薄いけれど爽快です。バニングとアッシャーの信頼は揺るぎないものになったようですし、エンド・オブ・・は、まだ終わらないのかも。Σ(゚д゚;)


評価:moon1

« May 2016 | Main | July 2016 »