December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« ザ・ブリザード | Main | エヴェレスト 神々の山峰 »

マネー・ショート  華麗なる大逆転

Moneyshort 2005年、金融トレーダーのマイケルはサブプライム・ローンが数年以内に債務不履行に陥る可能性に気づく。しかし、その予測は誰にも相手にされることがなかった。そんな中、クレジット・デフォルト・スワップという金融取引に目をつけ、巨額の保険金を受け取る契約を投資銀行と結ぶ。

 世界に衝撃を与えたリーマンショックと呼ばれる金融危機。大手の銀行や証券会社が倒産に追い込まれるという突然の出来事でした。そんな事態を誰しも予想していなかったからこそ起こったわけですが、ここに登場するマイケルたち数人は気づいていました。まぁ、誰も相手にしようとはしませんでしたが、そのことで彼らは莫大な利益を手にしています。未曾有の金融危機の裏では一体何が行われていたのか?ウォール街のアウトローたちの視点で見るリーマンショックの真実ということです。
 とはいえ金融の素人目線では、いったい何がどうなったらこうなるのかなんて分かりませんねぇ。専門用語を乱発されては意味不明ってもんです。もう少し分かりやすい解説を付けてほしいですね。まぁ、それほどに複雑で何でも金融商品にされているというわけです。そして、誰しも予想しない事態を予見したものたちによる大博打が始まります。劇中ではマイケルたちは変わり者として扱われていますし、金融危機の直前には窮地に追い込まれています。
 しかし予測がついに現実になったとき、一気に形勢逆転です。仕組みを利用して莫大な利益を得ています。破産する銀行や証券会社が続出ですから、まるでギャンブルですねぇ。
誰が得して、誰が損したのか?仕掛けたマイケルたちにとって痛快なところでしょう。それにしても、この映画を観ても金融危機の実体はよく分からないところです。結局のところ金融危機の後、何か変わったのかといえば変わっていないようですし、再び繰り返されるのなら笑えない話ですよ。┐(´-`)┌

評価:moon2

« ザ・ブリザード | Main | エヴェレスト 神々の山峰 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48770/63335139

Listed below are links to weblogs that reference マネー・ショート  華麗なる大逆転:

« ザ・ブリザード | Main | エヴェレスト 神々の山峰 »