December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« February 2016 | Main | April 2016 »

March 2016

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生

Batman_vs  人類の為、その能力を駆使し尽力してきたスーパーマン。神の如く崇められる一方で強大な力を不安視する声も上がる。ゴッサムシティでは悪を一掃しようと戦うバットマンことブルース・ウェインがいた。それぞれが正義の名のもとに対決することに。 

 アメコミの2大ヒーローが共演する、2倍お得な?映画です。世界観は違うと思えるけど、コミックではすでに共演しているあたり、新たな世界観を見せてくれそうです。ヒーローたちはジャスティスリーグを結成しているんですねぇ。ここではスーパーマンが主役の「マン・オブ・スティール」の続編になるわけですが、前作から内容が急変してしまったところは気になります。
 今作ではスーパーマンは必要か?と論争になっています。スーパーマンとゾット将軍との戦いで甚大な被害がでてしまい、犠牲になった人たちもいるわけです。個人的な正義で行動するあたり政府に不都合もありそう。ベン・アフレックの演じるバットマンがいきなり登場していますが、ブルース・ウェインの会社も被害に遭っていました。ゆえに因縁の相手なのですね。ここでのバットマンも法に縛られない存在ゆえ犯罪者あつかいされているところもあります。それは自身の掲げる正義ですから、双方の想いがぶつかったなら決着をつけるしかなさそう。陰謀から対決を誘導されてしまいます。普通に考えれば人間ではないスーパーマンの方が強いはずですが、弱点もありますから激しい戦いになります。普段は見ることのないヒーロー同士の対決も、なかなか楽しめました。
 そんな中、本当の脅威が現れたなら、やっぱりヒーローは悪と戦うわけです。その方がしっくりきますね。前半の政治的な話が興味深く風刺的なだけに、後半はもう何だか分からない展開になってしまいます。キングコングかゴジラか・・・ってな乱戦模様。ミサイルは飛んでくるし、いつのまにかワンダーウーマンも参戦していました。いったい誰?てな感じですが次回作への前ふり的な内容で盛りだくさん。お腹いっぱいです。
 この3人、まだヒーローチームとは呼べない関係かもしれません。スーパーマンも帰ってくるのか?ってところで、新たな展開に期待するところでした。┐(´-`)┌

評価:moon2

エヴェレスト 神々の山峰

Everesuto ネパールの首都カトマンズ。カメラマンの深町は登山用具店で古いカメラを見つけた。それは1924年に登山家マロリーがエヴェレストの登頂に成功したか否かを明らかにする手掛かりだった。深町はカメラを調べるなか、孤高の登山家、羽生丈二と出会う。

 夢枕獏の小説『神々の山峰』を映画化です。世界最高峰エヴェレストを舞台に、山に命を懸ける者たちを描いています。他人に配慮をしない為、孤高の登山家となった羽生と、カメラマン深町との出会いから物語ははじまります。
 そこで二人を引き合わせた古いカメラは、登山家マロリーが愛用していたものではないかというわけです。1924年に還らなかったマロリーですが、登頂に成功したなら記念写真を撮っているだろうってことですね。山に興味がなければ何だかピンとこないかもしれません。エヴェレスト登頂の歴史が覆るという大発見です。実際には見つかっていないあたりミステリーですねぇ。ここでは、その持ち主が消息不明となっていた登山家、羽生だったという謎めいた展開なのです。いかにも登山家的な風貌、演じる阿部寛は適役ですね。
 「還らなかった奴が頂上を踏んだかどうかなど興味は無い」と言い放つ羽生です。彼自身は誰も制覇していないルートの単独登頂を目指していました。無謀なまでの挑戦ですが、いったい何で山に登るのか?「俺がいるからだッ!」て言い切るのはかっこよすぎ・・・。でも、なんたって極限の世界ですから、失うものも大きいです。生きることに貪欲でしたが、それでも羽生は還ってきませんでした。
 頂上を踏むことに意味があるのか?生きて還ることに意味があるのではないか?どちらもわかるような気がします。羽生は弟子の死をきっかけに孤高の登山家となってゆきます。劇中の冒頭で深町は仲間を亡くしていますが、互いの内に通ずるものがあるようで過去についてもう少し掘り下げてもよかったのではなかろうか。まぁ、長編ゆえに描き切れていないようにも感じられます。
 この作品には映像として山の厳しさが伝わりました。それでも惹かれるのも分かる気がします。なにより大事なのは待っている人がいて、還ってくることの意味かもしれません。(u_u。)


評価:moon1

マネー・ショート  華麗なる大逆転

Moneyshort 2005年、金融トレーダーのマイケルはサブプライム・ローンが数年以内に債務不履行に陥る可能性に気づく。しかし、その予測は誰にも相手にされることがなかった。そんな中、クレジット・デフォルト・スワップという金融取引に目をつけ、巨額の保険金を受け取る契約を投資銀行と結ぶ。

 世界に衝撃を与えたリーマンショックと呼ばれる金融危機。大手の銀行や証券会社が倒産に追い込まれるという突然の出来事でした。そんな事態を誰しも予想していなかったからこそ起こったわけですが、ここに登場するマイケルたち数人は気づいていました。まぁ、誰も相手にしようとはしませんでしたが、そのことで彼らは莫大な利益を手にしています。未曾有の金融危機の裏では一体何が行われていたのか?ウォール街のアウトローたちの視点で見るリーマンショックの真実ということです。
 とはいえ金融の素人目線では、いったい何がどうなったらこうなるのかなんて分かりませんねぇ。専門用語を乱発されては意味不明ってもんです。もう少し分かりやすい解説を付けてほしいですね。まぁ、それほどに複雑で何でも金融商品にされているというわけです。そして、誰しも予想しない事態を予見したものたちによる大博打が始まります。劇中ではマイケルたちは変わり者として扱われていますし、金融危機の直前には窮地に追い込まれています。
 しかし予測がついに現実になったとき、一気に形勢逆転です。仕組みを利用して莫大な利益を得ています。破産する銀行や証券会社が続出ですから、まるでギャンブルですねぇ。
誰が得して、誰が損したのか?仕掛けたマイケルたちにとって痛快なところでしょう。それにしても、この映画を観ても金融危機の実体はよく分からないところです。結局のところ金融危機の後、何か変わったのかといえば変わっていないようですし、再び繰り返されるのなら笑えない話ですよ。┐(´-`)┌

評価:moon2

ザ・ブリザード

Zaburizado 1952年、真冬の北大西洋で荒れ狂う嵐のなか、船体が二つに裂けたタンカーが漂流していた。船員たち32人の懸命な作業によって何とか持ちこたえていたものの沈没は免れない。出動すら困難ななか沿岸警備隊のバーニーたち4人は定員12名の小型救助艇で向かう。 

 若き沿岸警備隊のバーニーたち4人の活躍を描いた作品です。定員12名の小型救助艇で32人を救出しようとは、信じがたい話ですが実話をもとにしているとのこと。ゆえに観ていて緊迫した展開となっています。
 急速に発達した嵐のなか遭難事故が相次いだ為、沿岸警備隊は出払ってしまいバーニーたちは小型救助艇で向かうことになります。かなり無謀な出動ですが、バーニーには1年前に8人を救助できなかったトラウマがあるようです。それと恋人ミリアムとの結婚をひかえているあたりのドラマがあります。でも、そこんところの想いは伝わりませんねぇ。葛藤はあるのでしょうけど、伝わってきませんでした。
 一方でタンカーの乗員たちは、ボートで脱出するか残るべきか揉めていたりします。救助が来るかあてにできないですから。そこで船を熟知している機関士レイモンドの冷静な判断から、船にとどまって救助を待つことになるわけです。とはいえ、浸水し続けるなか懸命の操船をして、なんとか時間を稼いでいます。全員の命を預かっているあたりキツイところですね。この船について何でそんなに詳しいのか、劇中では分かりませんでした。彼についてのドラマもあったらよいのに・・・。レイモンドも船員たちを救った英雄の一人でしょう。
 映像としては3Ⅾということもあって臨場感はありました。激しいブリザードを疑似体験するようです。実話ゆえのリアリティはあるけど、どうもドラマ部分が物足りないですねぇ。ここでは咄嗟の判断が結果として多くの命を救うことになります。その逆もしかりですがバーニーは上司の命令に従い出動し、命令を無視して救助を行いました。諦めなければ可能性はあるということなのでしょう。この作品では人生と重ねて描いているようだけど、どんな結果になるのかは分からないものです。Σ(゚д゚;)


評価:moon2

« February 2016 | Main | April 2016 »