December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海 | Main | かぐや姫の物語 »

悪の法則

Akunohousoku メキシコ国境付近の街で弁護士をしている通称カウンセラーは、出来心から友人と裏社会のビジネスに手を染めた。恋人との結婚も決まって幸せの絶頂にいたはずが、トラブルに巻き込まれ最悪の事態に。

  巨匠リドリー・スコット監督によるサスペンス。マイケル・ファスペンダーにブラピにペネロペ、さらにキャメロン・ディアス、その他もろもろ豪華キャストに興味を惹かれます。でも、ストーリーは今一つ分かりにくいところでした。昨今の巨匠の作品は消化不良な感じがしますけど、ここでは登場人物の相関関係が説明不足のようですね。
 まずはマイケル・ファスペンダー扮する通称カウンセラーと呼ばれる弁護士が主人公です。結婚も決まって順風満帆の人生を迎えるはずが、大金を得ようと裏ビジネスに関わったのが間違いってわけです。取引した麻薬が消えてしまったことからカウンセラーたちに疑いが懸けられ組織に狙われてしまいます。でも、いったい誰が裏で糸を引くのか?友人の派手な実業家ライナーや麻薬の仲買人ウェストリー(ブラピ)、ライナーの愛人で謎めいたマルキナ(キャメロン)などキャラが立つ面々が怪しいところでしょう。カウンセラーの婚約者ローラ(ペネロペ)はマルキナとは対照的だけれど怪しく思えたりもします。
 でも、途中で黒幕は分ってしまう。やっぱり・・・って感じですね。それでも、まぁ最後まで事件の全体像が分からないところは説明不足なのでしょう。さらに、セリフは抽象的で哲学的な表現が多くて疲れますね。難解な言葉を楽しむ作品なのだろうか?少し退屈さを感じるところでしたが劇中ではショッキングなシーンもあって、目が覚めます。かなりエグイです!消化不良どころではないですね。
 生と死、欲望、性などそれぞれの人生観が語られるなか物語は進行してゆく。それと同時に悪に手を染めた者たちの末路を見るわけで、恐怖と虚しさを感じます。やっぱり引っかかるところがあって最後まで意味が分からない。結局、悪いことはしちゃダメってことでO.Kかな。ほんの出来心から悪に手を染めたカウンセラーですけど後悔したでしょうけど・・最後に送られてきたDVDってやっぱり・・・。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ


評価:moon3

« パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海 | Main | かぐや姫の物語 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

ジョニー・タピアさん

原作は違うかもしれませんが、この映画は見かたによってはいろいろ

と解釈できそうです。私の場合は離解できないところもあってイマイチ

でしたね。もう一回観たら違う感じがするかも。

リドリー・スコット監督という事で期待してましたが・・・

けっこうイマイチな感じっすか?

難しくて疲れそうですねsweat02

レンタル待ちで良さそうですね

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48770/58595191

Listed below are links to weblogs that reference 悪の法則:

« パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海 | Main | かぐや姫の物語 »