December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« スター・トレック イントゥ・ダークネス | Main | キャプテン ハーロック »

マン・オブ・スティール

Man_of 惑星クリプトンの科学者ジョー・エルは、惑星崩壊の直前に生まれたばかりの息子を宇宙船で地球へと送り出す。やがてケント夫妻に育てられ成長したクラークは、特殊な力や自らの存在意義に悩み続けていた。そこへクリプトンの生き残り、ゾット将軍が現れる。

 アメコミ・ヒーローの代名詞“スーパーマン”が再び映画化です。最新の映像表現に期待するところですが、リブートした新シリーズではリアルなヒーローとして描かれています。そのあたり、ちょっと地味なコスチュームと思っていたら、なんと赤パンを履いていないではないか・・。まぁ、これはこれでよいかも。物語もより説得力がある解釈がされているようで、クリプトンの崩壊から描かれ、地球に送られた意味なども理由付けされていて納得の展開になっています。
 そして、他人とは違う・・・。特殊な力をもつことの悩みなども垣間見えます。けして順調な人生ではなく、自らの存在意義にたいして答えを探していたわけですね。各地を旅しながら奇跡を起こしていたなんていいですね。少年時代のエピソードは断片的で分かりにくいけど、今後も登場するのでしょうか。ちなみに父親役はケビン・コスナーですね。
 その力をどう使うのか・・・。クリプトン崩壊前にクーデターを起こしたゾット将軍が現れます。能力を隠し地球人として生きてきたクラークが存在を明かすときが来たわけです。ゾット将軍はクリプトン再興の為、地球のクリプトン化を始めてしまうし、いきなり地球存亡の危機という宇宙規模の戦いになってしまう。初めはスーパーマンも人類の敵とされて辛いところですが人類の側に立って戦うわけです。まぁ、人類の武器では歯が立たないけど・・・。当然、クリプトン人同士の戦いでは、スーパーマン対スーパーマンの戦いを見るわけでスピード感がいいですね。どんどん街が壊れていくあたり映像として面白い。でも、壊しすぎでは・・・
 豪華キャストとド派手な展開の新シリーズです。3部作ということで今後の展開が気になりますね。幾つかの伏線も見えますし、スーパーマンの存在意義、ジョー・エルが語る人類と共に起こす奇跡が見られるのでしょうか。
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


評価:moon1


« スター・トレック イントゥ・ダークネス | Main | キャプテン ハーロック »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

みかんさん

やっぱり正統派のヒーローは身だしなみが大切なのでしょう。
それにしても、笑えるくらいの壊しっぷりでしたね。まさに「鋼鉄の男」
もしやヒゲも鋼鉄なのでは・・・

こんばんは(^^)

赤いパンツもやめたことだし、更なるイメチェンでヒゲでも・・・
なんて思ったのですが、やっぱり紳士でなくてはいけないのですねcoldsweats01
街の見事な壊されっぷりにはちょっとびっくりしました。
でもその分、ゾット将軍の最期が生々しかったです。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48770/58143540

Listed below are links to weblogs that reference マン・オブ・スティール:

« スター・トレック イントゥ・ダークネス | Main | キャプテン ハーロック »