December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« ホワイトハウス・ダウン | Main | マン・オブ・スティール »

スター・トレック イントゥ・ダークネス

Star_trek 西暦2259年、カークは重大な規則違反を犯しUSSエンタープライズの艦長を解任されてしまう。そのころ、ロンドンの宇宙艦隊データ基地が爆破され多くの死者が出た。カークは逃亡した艦隊士官のジョー・ハリスンを追って再びUSSエンタープライズに乗り込む。

 歴史ある人気のSFドラマ・シリーズをリブート。前作に続いて若きカーク艦長やUSSエンタープライズ乗員の活躍を描く。ストーリーは以前のシリーズを踏まえながらも多元的な宇宙という解釈で独自の展開となっています。
 前作から4年が経ちますが相変わらず直観で動く無鉄砲なカークと、対照的に冷静で規則に厳格な副長スポックとのやり取りがポイントですね。ここでは幾つかの選択を迫られるわけですが、仲間の命を守るための犠牲という究極の選択を迫られています。冒頭のシーンでは未開の惑星を崩壊から救うという規則に反する行動をとっています。前作では故郷を失ったスポックですが、そのためか自ら危険な任務につき命を落としかける。カークは規則違反などお構いなしにスポックを救出するけど、それを規則違反として上官に報告するスポック副長です。おかげで二人の仲は険悪に・・。ほんとにバルカン人は嘘がつけないらしい。
 そして今作で登場の裏切り者のジョー・ハリスンは、なんと以前のシリーズで最強の敵だったとは・・・。意外な展開が面白いですね。もちろん壮大なスケールで描かれる宇宙での攻防など、映像として3Dはお勧めできます。なんとエンタープライズの墜落シーンもあって圧巻です。
 今回もカークの結構な無茶ぶりが見れるけれど、全てはクルーの為だったりするわけです。ついに死亡か?って展開も無茶苦茶ですが・・・。スポックも仲間の為、敵には嘘をついて窮地を脱するあたり、いいコンビですね。この後、5年の深宇宙探査の旅に出てるということで以前のドラマシリーズと繋がっています。これからもスター・トレックは続くだろうけど、どういう驚きの冒険を見せるのか気になります。\(;゚∇゚)/


評価:moon1

« ホワイトハウス・ダウン | Main | マン・オブ・スティール »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48770/58098059

Listed below are links to weblogs that reference スター・トレック イントゥ・ダークネス:

« ホワイトハウス・ダウン | Main | マン・オブ・スティール »