October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« ワイルド・スピード EURO MISSION | Main | 終戦のエンペラー »

風立ちぬ

Kazetatinu 大正から昭和へと移りゆく時代。工業技術で世界に遅れていた日本で、いつか美しい飛行機を作りたいと夢見ていた少年、堀越二郎。戦争の足音がせまるなか、二郎は航空設計技師となった。

 模型誌『モデルグラフィックス』に連載された宮崎駿の漫画『風立ちぬ』をスタジオジブリによって劇場アニメ化。実在の人物で零戦の設計を手掛けた堀越二郎の半生を描いている。もっとも、ここでは同時代の作家、堀辰夫をミックスした人物となっていて、恋愛など彼の小説も下敷きになっているようだ。二人をモデルにしているわけですね。
 ゆえに物語は子供向けの作品ではないようで、シリアスなドラマが続いてゆく。アニメではなく実写で見たいくらい深い人間関係が描かれています。でも大正から昭和初期の日本の原風景が見て取れるだけに、面白いかは別にして子供が観るのもよいのかな。
 純粋に美しい飛行機を作りたかった主人公の堀越ですが、当時の世界においては戦争の道具ということ。このあたりは淡々と描かれています。戦争が技術を発展させ、技術の発展がまた戦争の火種にもなるということ。でも、作品のなかでは戦争を否定も肯定もしていない。ある意味、矛盾に満ちた世の中を描いているようだ。冒頭では関東大震災による破壊と復興、そして生と死。後半は震災で出会った菜穂子と二郎の再会から結婚、妻の死を受け入れる姿も淡々と描かれていた。これは純愛でしたね。
 期待と違ったのは、堀越二郎の物語なので飛行機がもっと登場するのかと思ったらドラマがメインのようです。でも最後に成功した九試単座戦闘機のテストシーンがあって飛行機ファンも納得でしょうか。
 夢の中など抽象的なシーンもあって分かりにくいところも多々ですが、ここでは純粋に生きている二郎の姿に時代を超えて共感できそうです。(*´ェ`*)


評価:

« ワイルド・スピード EURO MISSION | Main | 終戦のエンペラー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 風立ちぬ:

» 風立ちぬ (試写会) [風に吹かれて]
ジブリは後継者がいないのね公式サイト http://www.kazetachinu.jp7月20日公開宮崎駿が月刊模型雑誌「モデルグラフィックス」に連載していた漫画を基に、零式艦上戦闘機の設計者として [Read More]

» 『風立ちぬ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「風立ちぬ」□監督・脚本・原作 宮崎駿□キャスト(吹替) 庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート ■鑑賞日 7月20日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>...... [Read More]

» 風立ちぬ [映画の話でコーヒーブレイク]
「風立ちぬ〜」と言われたら「い〜まぁ〜はぁ〜、秋〜」と思わず口ずさんでしまいます。 子供の頃、零戦のプラモデルを作った記憶があります。 父と一緒に作りながら、零戦のフォルムが如何に美しいかを熱く語ってくれたのですが、 当時の私にはよくわかりませんでした。...... [Read More]

» 映画『風立ちぬ』観てきた [よくばりアンテナ]
久しぶりの宮崎駿作品。観なくっちゃね。 シネコンの多いこの地域で、公開後1週間で上映回数も他の映画よりも多い。 ああ、人気なんだなぁ、それに夏休みだ。 そして、週末だろうとサービスデーだろう...... [Read More]

» [映画][☆☆☆★★]「風立ちぬ」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「崖の上のポニョ」以来、5年ぶりとなる宮崎駿監督最新作。「モデルグラフィックス」で連載された、零式艦上戦闘機(通称:零戦)の設計者として知られる実在の人物・堀越二郎の半生を描いた同監督のコミックを映画化。 誤解を恐れず言えば、これは良くも悪くも宮崎駿と... [Read More]

» 風立ちぬ [映画的・絵画的・音楽的]
 アニメ『風立ちぬ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)随分しつこく前宣伝をしていましたし(特に、松任谷由美の『ひこうき雲』入りで)、興業収入が100億円達成かなどともいわれるので、見るのをやめようかとも思いましたが、久しぶりの宮崎駿監督作品でもあり(注1...... [Read More]

» 『風立ちぬ』 宮崎駿と堀越二郎を繋ぐのは誰だ? [映画のブログ]
 宮崎駿監督の育った家は、戦争中とても景気のいい家だった。  自動車の個人所有が一般的ではなく、しかも原油不足から民間では木炭自動車が使われていた当時にあって、彼の父はガソリンの自家用車に乗って...... [Read More]

» 映画:風立ちぬ#160; ストーリー云々は抜きで、2時間にわたる映像詩として、純粋に堪能! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
オープニングから既に美しい映像。 早朝の大地に降り注ぐ太陽の日が、わーっと広がって行く。 これだけで思う、 究極に美しいアニメーションだな これは! その後も1カット、1カットにいちいち映像へのこだわりが。 現実とファンタジーが混在しつつ、それが次々と積...... [Read More]

» 映画「立ちぬ」描いた対象が曖昧で伝わらない [soramove]
映画「立ちぬ」★★★ 庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊 西村雅彦、スティーブン・アルパート 風間杜夫、竹下景子、國村隼 志田未来、大竹しのぶ、野村萬斎 声の出演 宮崎駿監督、 126分、2013年7月20日より全国公開 2013 二馬力・GNDHDDTK (原題/原作:Bereurlin ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 初登場首... [Read More]

» 風立ちぬ [こみち]
JUGEMテーマ:映画館で観た映画 nbsp; 戦争ものでもないし、恋愛ものでもない。 nbsp; 激動の昭和初期を生きてきた人間のストーリーだった。 nbsp; 飛行機のプロペラの回転音やエンジンの音まで nbsp; 役者が演じているのには、驚きました。 nbsp; 今の時代でもこのようにアニメーションを作りこむのは nbsp; スタジオジブリなど少数派なのでしょう。... [Read More]

» 風立ちぬ : 完全大人仕様のジブリ作品 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 暑い、暑い、暑い、ですねぇ。こんな日は海水浴にでも行くか、エアコンの効いた映画館に行くのがよいのではないでしょうか。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題 [Read More]

» [映画『風立ちぬ』を観た(前篇)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・いやぁ、風が立ちまくっていました!!! たいがい 宮崎駿監督の独りよがりの作品に思え、批判する準備をしていたのだが、あまりの傑作に驚いた。 取り急ぎ、幾つかのことについて言及しておく。 なんか、マッチョ好きのホモの映画評論家気取りが、この作品の、...... [Read More]

» 映画「立ちぬ」描いた対象が曖昧で伝わらない [soramove]
映画「立ちぬ」★★★ 庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊 西村雅彦、スティーブン・アルパート 風間杜夫、竹下景子、國村隼 志田未来、大竹しのぶ、野村萬斎 声の出演 宮崎駿監督、 126分、2013年7月20日より全国公開 2013 二馬力・GNDHDDTK (原題/原作:Bereurlin ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 初登場首... [Read More]

» 風立ちぬ [単館系]
風立ちぬ MOVIXさいたま 7/20公開 宮崎駿監督がゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、 1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の姿を描くアニメ。 大正から昭和にかけての日本。...... [Read More]

» 映画 『風立ちぬ』感想 [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
ジブリ映画『風立ちぬ』の感想。 元々『紅の豚』に雰囲気が似ているというイメージがあって(どちらも作者宮崎駿が模型雑誌に連載していた)、空をテーマにしたファンタジー系統と言う感じがしていた。 宮崎...... [Read More]

« ワイルド・スピード EURO MISSION | Main | 終戦のエンペラー »