December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« ライジング・ドラゴン | Main | リンカーン »

ヒッチコック

Hitchcock 1959年、映画監督アルフレッド・ヒッチコックの作品は高い評価を得ていたが、次なる作品に選んだのは実在の殺人鬼を描いた『サイコ』だった。しかし、奇抜な内容ゆえに映画会社からの出資を断られ、自己資金で製作に挑むものの数々の困難に見舞われる。

 サスペンスの帝王アルフレッド・ヒッチコックの素顔と、彼を支えた妻アルマとの知られざる逸話を描いた作品。ここでは代表作となった『サイコ』を制作する舞台裏を見ることになる。
 そこで改めて映画『サイコ』を観てみると、現代の作品に通ずるサスペンスの要素が詰まっていて心理的な恐怖が感じられた。当時としてはかなりの衝撃ではなかっただろうか。それを踏まえて今作を観ると「あの場面では、そんなことが・・・」って感じで楽しめること請け合いですね。何よりヒッチコックを演じるアンソニー・ホプキンスをはじめとして登場するキャストは皆そっくり。何の違和感もなく当時の制作現場を見ているようである。
 それにしても私財を投入してでも撮りたい映画が『サイコ』だったとは、反対する映画会社やスタッフとのやりとりは興味深い内容だ。ゆえにヒッチコックといえども新たな試みに苦労しているわけで、完成するまで一筋縄ではいかぬもの。そんな中、仕事においても彼を支えた妻の存在がクローズアップされている。
 劇中で妻は友人の脚本家ウィットと共同執筆を始める。微妙な熟年夫婦の関係が垣間見えてくる。それを浮気と疑って関係がギクシャクするなど、ここでもサスペンスの要素があって『サイコ』の心理的な描写と重なるあたり、二人の関係はどうなることかと思わせる。嫉妬するヒッチコックが、ちと怖いかも。それでも危機を乗り越えて作品を完成させるのは、二人が最高のパートナーだから・・・。互いに再認識できたようで目出たしってとこかな。
『サイコ』の制作の裏にこんなエピソードがあったなんて思うと、サスペンス・スリラーも違って見えてくるようだ。
Σ( ̄ロ ̄lll)


評価:moon1

« ライジング・ドラゴン | Main | リンカーン »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

ほぼ毎さん

この作品はアンソニー・ホプキンスの演技があってのものだと思いますよ。なかなかいい雰囲気をだしていますよね。

他の出演作も居るだけで存在感がありますもの。

こんばんは

勝手ながら失礼しますconfident

本日、『羊たちの沈黙』を再見していたのですが、やはりアンソニー・ホプキンスの演技・雰囲気の異様さは尋常ではないなと改めて感じました…

本作でもあの二重あごなど特殊メイクも相まって、見た目もそっくりですよね。。

観てみたいと思いましたshine

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48770/57200894

Listed below are links to weblogs that reference ヒッチコック:

« ライジング・ドラゴン | Main | リンカーン »