October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« ロックアウト | Main | ホビット 思いがけない冒険 »

007 / スカイフォール 

007sky 潜入中のNATO諜報部員の情報が記録されたハードディスクが奪われ、犯人を追跡するMI6の諜報員ジェームズ・ボンド。からくも追い詰めたものの上司Mの判断ミスから取り逃がしボンドは死にかける。Mとの信頼が揺らぐ中、サイバーテロ組織との戦いに挑むことに。

 ドラマチックな展開が印象的なダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドも3作目。なんとシリーズ生誕50周年なのだとか。これからも、ずーっと続きそうだけれど、ちょっと一区切りといった内容になっている。そこでタイトルの『スカイフォール』とは・・・ジェームズ・ボンドの故郷の村であって住んでいた家も登場、過去の一端を垣間見ることになる。ボンドにとっては思い出したくない過去のようだが興味深いところ。
 そして今作では上司Mとボンドの信頼関係などが重要なテーマになっている。敵として登場のシルヴァはMの元部下で、組織に切り捨てられた過去から復讐を企てている。対するボンドは犯人ともみ合うなか味方に狙撃されてしまい瀕死の傷を負うはめに。信頼されていないのか?そのまま行方をくらまして死亡扱いとなった。しかし、テロ攻撃をうけたMI6の窮地に駆けつけるあたりは律儀な男である。もっとも、復職のためのテストで不合格を覆したのはMであって、信頼関係は揺るぎないものだろう。
 ドラマ部分はMやボンドの過去を描きながら、心の葛藤など人間的な一面を見られる。単なるアクション映画でないところがダニエル・ボンドの見どころかも。それでも相変わらずの息もつかせぬアクションの連続にはしびれる。今回も冒頭から車にバイクに列車にと果敢に戦うボンドだった。その分、後半は失速ぎみ、というよりシリアスなドラマとなってゆく。劇中では引退を勧められるくだりもあるが、ジュディ・ディンチのMは今回が最後となるわけだ。今作ではQも若者に代わって登場。さらにマネーペニーも・・・何だか新旧交代を印象づける内容となっている。
 そんな中にあってダニエル・クレイグのボンドは変わらないのだろう。古臭さくも新しい007である。∑q|゚Д゚|p


評価:
 

« ロックアウト | Main | ホビット 思いがけない冒険 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 007 / スカイフォール :

» 007 スカイフォール [風に吹かれて]
古い奴とお思いでしょうが公式サイト http://www.skyfall.jp監督: サム・メンデス  「アメリカン・ビューティー」 「ジャーヘッド」世界各地に潜伏するMI6のエージェントのリストファ... [Read More]

» 『007 スカイフォール』お薦め映画 [作曲♪心をこめて作曲します♪]
★★★★ ボンドも組織の一員であるので、今回はまるで世の中年男性のように辛い立場に立たされるが、いつも通り世界を股にかけ大活躍。大がかりなアクションシーンも堪能できる。時代や政局、犯罪形態がどう変わろうと、今後も彼が命懸けで任務を遂行していくことだけは間…... [Read More]

« ロックアウト | Main | ホビット 思いがけない冒険 »