December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« June 2012 | Main | August 2012 »

July 2012

ヘルタースケルター

Heruta 誰もがうらやむ美貌とスタイルをもち、トップモデルとして芸能界の頂点に立つ、りりこ。しかし、彼女には知られてはいけない秘密があった。その美貌とスタイルは全身整形によるもの。そして表の顔とは裏腹に不安定な精神は、さまざまな事件を引き起こしてゆく。

 岡崎京子の原作コミックを映画化。フォトグラファーで映画監督の蜷川実花の5年ぶり2作目となる映画作品。原作は『手塚治文化賞』まんが大賞受賞作でもあり、エキセントリックな内容ゆえに、どんな作品になるのか興味を惹かれるところ。
 そして、こちらも5年ぶりの出演となる沢尻エリカの演じる主人公《りりこ》に注目である。全身整形による完璧なボディ。性格は身勝手で自由奔放、その反面、芸能界のストレスや整形の後遺症に悩まされ精神は不安定という。ん・・ぴったりなキャスティングではないか。ここでの《りりこ》は沢尻の(あくまでも)イメージに重なってくる。
 もっとも、この作品は興味本位で観てしまうところだし、それなりに淫靡なシーンはでてくる。勝手に期待してしまうものの、そのあたりは監督の作風なのか激しいわりには意外にエロくはないといった感じだろう。その他の登場人物も皆、キャストの持つイメージそのままといった感じで自然すぎるかも。
 ドラマとしては違法な医療行為の疑いがある美容クリニックと、それを追う検事が《りりこ》の秘密に迫ってゆく。もともと予測不能な展開となるなか、後半はドラマ性が薄れて抽象的な表現となってゆく。そこでは《りりこ》の常軌を逸した行動はエスカレートしてゆき、やがて精神の混乱をきたしてしまう。ヘルタースケルターとは『しっちゃか、めっちゃか』の意味らしいが、《りりこ》の行動はまさにそのとおり。そこのところは映像もサイケな色使いや抽象的な表現が多く、なんだか意図が分からず付いてけないところも。観ている側まで『 しっちゃか、めっちゃか』な気分である。
 まぁ、言わんとするところ彼女を取り巻く殺伐とした環境もまた『しっちゃか、めっちゃか』といえるのだろう。現実と虚構の狭間にあって、人間や社会の本質がどこにあるのか。深く考えると悩ましいテーマの作品である。
(*´v゚*)ゞ


評価:moon2


BRAVE HEARTS 海猿

Umizaru4 海上保安庁の精鋭部隊、特殊救難隊の一員となった仙崎と吉岡。ある日、羽田行きのジャンボジェット機でトラブルが発生、着陸不能となった。最後の望みは東京湾に着水すること。しかし、沈没まで20分・・タイムリミットが迫るなか前例のない救出作戦が始まる。

 海難救助の最前線にたつ《海猿》こと海上保安庁の潜水士の活躍を描いた作品。ついに待望の4作目の登場となった。主人公、仙崎の成長とともに描かれてきたわけで、今作ではかねてから目標だった特殊救難隊の一員となっている。
 しかし、現場では救助にかける熱い想いが空回りして悩むことにも。自らが目標とされる立場というわけで、冷静な判断をもっとうとする上司と対立してしまう。一瞬の判断が生死を分ける現場では、どちらが正しいとも言い切れないところ。二人の和解も見どころのひとつである。
 そして物語は、当然ながら大事故が発生してしまうわけで、今回はジャンボジェット機が東京湾に着水する事態となった。しかも吉岡の恋人、美香が搭乗しているという。何だか前々作とかぶる展開ではあるものの、相変わらず緊迫の展開が続いてゆく。次々と起こる想定外の事態や、沈没まで20分という時間との戦いが息苦しい。
 さらに注目は臨場感のある映像だろう。今回は3Dではないが、それでもスケールが大きく実際の現場に居るような感覚だった。ゆえにドラマはさておき、救出劇から目が離せない。そこには長いシリーズを通して時間が流れていて、懐かしの顔もちらほらと登場。ドラマや展開も過去のシリーズ総決算といった感じの内容だ。まぁ、吉岡のドラマ部分は物足りなさも残っただろうか。
 もっとも、今作で最大の見せ場は、特殊救難隊をはじめ、海上保安官たちや警察や消防、民間人まで多くの人たちが救助のために力を合わせていることだろう。使い古された言葉であっても、いわゆる《絆》をみるわけで。劇中でのセリフ「世の中、捨てたもんじゃないよ」って・・・。ストレートなメッセージに、ちょっと感動してしまう。
(*^ー゚)bグッジョブ!!

評価:moon1


崖っぷちの男

Gakepputi NYの高層ホテルで投身自殺をしようとしている一人の男。彼は元警察官で30億円のダイヤ強奪の罪で服役中に脱走を謀った。騒ぎが次第に大きくなるなか、何故か交渉に失敗したばかりの女刑事を交渉人に指名する。彼はなぜ、ここにいるのか・・・

 衝撃的なタイトルに興味を引かれるものの、内容は予測不能。主演は注目のサム・ワーシントンということで期待させる。まぁ、観てのお楽しみといったところか。物語は冒頭から崖っぷちならぬ高層ホテルから、今まさに投身自殺をしようとしている男が主人公。理由がわからぬまま物語は前後して、事情は次第に明らかになってゆく。
 どうやら輸送中の30億ダイヤを警官であったニックが盗んだということ。しかし、服役中に父親の葬儀の隙をついて脱走、そして高層ホテルの窓の外に立つ。ニックの話ではダイヤを盗まれた実業家と警察内部の者の陰謀らしい。『実はダイヤは盗まれてはいない』そこでニックは自殺を仄めかして群集やマスコミの注目を集めているわけだ。何だか群集の反応が怖いかも。
 ただし、それだけでは解決できないわけで、なにやら企てている様子。そのあたりがなかなか飲み込めない。それよりも、いつ落ちてしまうのかとハラハラする場面がしばしば。ニックは脱獄犯ということで強行突入や射殺命令まで出る始末。警察には最初から怪しい顔がちらほらしていて、ニックに迫る危機に緊張がはしる。でも、そこは交渉人のリディアの機転でたびたび危機を脱してゆく。
 時間軸が前後して先の読めない展開。そして程よい緊張感が楽しい。でも物語は次第に飛躍してゆくようで、ニックが何でこんなことをしているかといえば、盗まれたダイヤが盗まれていないことを証明することらしい。どうやらホテルの向かいは実業家のビルで、金庫室からダイヤを再び?盗むこと。それを実行するのはニックの弟と恋人なわけで、セキュリティを破って進入してゆくあたり、まるでミッション・イン・ポッシブル・・・。いったい二人は何者なんだろう・・・。
 それにしてもニックは、まさに崖っぷちの男だった。追い詰められて何でもやりそう。かなり強引で困難な作戦だっただけに、もうひとヒネリほしいところだ。でも、一発逆転で正義が勝つあたり爽快だった。
アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!


評価:moon1


ラム・ダイアリー

Rumdiary 1960年、NYの喧騒から逃れてジャーナリストのポール・ケンプはプエルトリコを訪れた。地元の新聞社で働きはじめたケンプだが、記者仲間と酒を浴びるように飲む毎日だ。ある日、企業家のサンダーソンと彼の婚約者シュノーと出会い、彼女に夢中になる。

 ジャーナリストの異端とされるハンター・S・トンプソンの自伝小説を映画化。親友のジョニー・デップが製作、主演を務めている。どんな人物なのか気になったが、トンプソンはすでに故人となっている。
 ニュー・ジャーナリズムの旗手といわれるトンプソンは、客観性を捨てて取材対象に積極的に関わりあうことで対象をより深く描こうとしているらしい。自身をとおして描くということは、この作品の中のケンプ=トンプソンということだろう。彼をよく知るデップがケンプを演じているだけに、似ているに違いない。ともあれ素顔で演じるデップは久しぶりに見ただろうか、さらに火を噴くデップは初めて見た・・・。記者仲間と巻き起こす騒動が、なんともおバカでGOOD。海外での羽目をはずしたバカ話といった感じだった。
 ここで描かれるポール・ケンプは、アル中で良くも悪くも地元に馴染んでいた。新聞社では自らを小説家と語り仕事にありつこうとするケンプ。これはジャーナリストの皮肉かも・・。物語はリゾート開発を密かに進めるサンダーソンらの策謀にポールも誘われる。後ろめたさを感じながらも参加したのは、シュノーに惹かれたからだろうか。危ない仕事と危ない恋は、酒に溺れる日々の彼には刺激的だろう。
 悪だくみでうまくいきそうだったのに、ひょんなことからサンダーソンから見限られ、立場も悪くなる。ポールもふくめて、皆嘘をついているようで胡散臭いわけだ。劇中の言葉で言えば「クソ野郎」かも。最後はジャーナリストとして一泡ふかせようとサンダーソンと戦う決意をしたポール。しかし勤めていた新聞社は倒産、散々なめに遭う。
 ところで、この映画は何が言いたいのだろう?これが本当の話かどうかも、シュノーとの恋の行方も、えてしてよく分からない。なんだかモヤモヤが残ってしまうだけに、観終えていいたい「○○野郎」
┐(´-`)┌

評価:moon3


アメイジング・スパイダーマン

Spider 高校生のピーター・パーカーは、幼い頃に両親が失踪していた。そのことに悩み理由を捜し続けていた彼は、父親の共同研究者だったコナーズ博士を訪ね研究室に忍び込んだ。ところが研究用のクモに噛まれてしまい、体に異変が起きてゆく。

 アメコミで人気のスパイダーマンが再びスクリーンに帰ってきた。斬新な映像で前シリーズがヒットしたのは記憶に新しいところ。今回はキャストを一新、新シリーズとして再スタートするという。もちろん映像は3Dとなり、スパイダーマンの浮遊感を楽しめるはず。前作よりリアルなヒーローが見られそうだ。
 そして主演はアンドリュー・ガーフィールドとなり、どこかクモっぽい?かも。スパイダーマンになっても冗談を言ったり、ノリが軽いあたりは原作に近いだろうか。そしてヒロインとしてグウェンが登場。ということは悲劇の予感が・・・。若返ったキャストとマーティン・シーンらオジサンたちがいい感じに絡んでいる。
 今作はスパイダーマン誕生のエピソードで、父親の秘密は彼の過去へと繋がってゆくようだ。父親の研究していたものは異種間の遺伝子交配で、奇しくもピーターはクモに噛まれて変異してしまった。運命なのか、戦うことになるのは父親の同僚だったコナーズ博士で、博士は研究中の血清でモンスターになってしまう。となるとピーターがモンスターにならなかったのは謎として残るわけだ。シリーズをとおして理由は明らかになるのだろうか。
 それにしてもピーターは普通の高校生なのに、高性能スーツ(全身タイツ)やクモの糸を射出するシューターを作ってしまうなど非凡なところも。説明不足な感じもするけれどそこはご愛嬌だろう。
 そのあたり、なにかと前作と比較してしまうところだが、新シリーズとしては両親の失踪という過去を抱えたピーターが、伏せられた真実と向き合ってゆくことになる。まぁ、ヒーロー物の作品としてシリアスななかにもコミカルで楽しめる内容となっていた。まだ謎は漠然としたままなので今後の展開がとても気になる。(。・w・。 )

評価:moon1 
 

« June 2012 | Main | August 2012 »