October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« 崖っぷちの男 | Main | ヘルタースケルター »

BRAVE HEARTS 海猿

Umizaru4 海上保安庁の精鋭部隊、特殊救難隊の一員となった仙崎と吉岡。ある日、羽田行きのジャンボジェット機でトラブルが発生、着陸不能となった。最後の望みは東京湾に着水すること。しかし、沈没まで20分・・タイムリミットが迫るなか前例のない救出作戦が始まる。

 海難救助の最前線にたつ《海猿》こと海上保安庁の潜水士の活躍を描いた作品。ついに待望の4作目の登場となった。主人公、仙崎の成長とともに描かれてきたわけで、今作ではかねてから目標だった特殊救難隊の一員となっている。
 しかし、現場では救助にかける熱い想いが空回りして悩むことにも。自らが目標とされる立場というわけで、冷静な判断をもっとうとする上司と対立してしまう。一瞬の判断が生死を分ける現場では、どちらが正しいとも言い切れないところ。二人の和解も見どころのひとつである。
 そして物語は、当然ながら大事故が発生してしまうわけで、今回はジャンボジェット機が東京湾に着水する事態となった。しかも吉岡の恋人、美香が搭乗しているという。何だか前々作とかぶる展開ではあるものの、相変わらず緊迫の展開が続いてゆく。次々と起こる想定外の事態や、沈没まで20分という時間との戦いが息苦しい。
 さらに注目は臨場感のある映像だろう。今回は3Dではないが、それでもスケールが大きく実際の現場に居るような感覚だった。ゆえにドラマはさておき、救出劇から目が離せない。そこには長いシリーズを通して時間が流れていて、懐かしの顔もちらほらと登場。ドラマや展開も過去のシリーズ総決算といった感じの内容だ。まぁ、吉岡のドラマ部分は物足りなさも残っただろうか。
 もっとも、今作で最大の見せ場は、特殊救難隊をはじめ、海上保安官たちや警察や消防、民間人まで多くの人たちが救助のために力を合わせていることだろう。使い古された言葉であっても、いわゆる《絆》をみるわけで。劇中でのセリフ「世の中、捨てたもんじゃないよ」って・・・。ストレートなメッセージに、ちょっと感動してしまう。
(*^ー゚)bグッジョブ!!

評価:


« 崖っぷちの男 | Main | ヘルタースケルター »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference BRAVE HEARTS 海猿:

» BRAVE HEARTS 海猿 [風に吹かれて]
みんなが集まれば公式サイト http://www.umizaru.jpシドニーから羽田へ向かうジャンボジェット機が、エンジントラブルに見まわれ、車輪の一部も降りないので、救助案を検討した結果、羽田沖に... [Read More]

» 『BRAVE HEARTS 海猿』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「BRAVE HEARTS 海猿」□監督 羽住英一郎 □脚本 福田靖□原作 佐藤秀峰 □キャスト 伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、仲里依紗、      三浦翔平、平山浩行、伊原剛志、時任三郎■鑑賞日 7月14日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足...... [Read More]

« 崖っぷちの男 | Main | ヘルタースケルター »