November 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« Black & White | Main | 幸せの教室 »

宇宙兄弟

Uchuu 子供の頃、宇宙に憧れ宇宙飛行士になることを約束した六太(ムッタ)と日々人(ヒビト)の兄弟。やがて弟は日本人で初めて月に立とうとしていた。そのころ、違う道を歩む兄は会社をクビになってしまう。日々人と再会した六太は、夢を実現するために宇宙飛行士選抜試験に挑む。

 夢は宇宙飛行士、いくつになっても夢をあきらめずに挑み続けるという、何とも清々しい物語。原作はコミックということもあって突飛なところはあるものの、宇宙飛行士選抜試験のシーンなどじつに興味深い。これから宇宙飛行士を目指す人には参考に(?)なるかも。
 物語は兄弟で宇宙に行くという夢を実現させるため、ムッタはあきらめていた夢を再び追いかける。そう、子供の頃の夢はいつしか厳しい現実の前に失われてしまうのだろう。ごく普通のムッタの人生には共感できるはず。うだつの上がらぬ兄のコンプレックスなど、なるほどねーって感じがひしひしとする。
 いっぽう、夢をまっすぐに追い続けたヒビトは宇宙飛行士になっていた。どうやってなったかは描かれていないが、いまでも夢を追い続けているということだろう。兄を信じて宇宙飛行士選抜試験へ応募しているあたり何の疑いも持っていない。
 こうして宇宙飛行士選抜試験に挑むなか、昔の想いが再燃してゆく熱い物語だ。ただしムッタがごく自然体なのが印象的で、どうも緊張感もなく宇宙飛行士には向いていないのではとも思えるわけだが、意外に几帳面なところもあって頼もしく見えてくる。そんなこんなで6人が残った最終試験。長期間の閉鎖環境での試験など、こんな試験をするのかと観ていて楽しい。
 そんなほのぼのとした物語が一転、月へ行ったヒビトは月面バギーの事故に遭遇し、生命の危機に直面している。物語としてこれは重要なことのはずだが、ヒビトはどう乗り越えるのか。試験中のムッタは試験を続行するわけで、そのあたりは兄弟の想いがどうつながっているのか伝わらないところだった。
 まぁ、アクシデント部分はさておき、劇中では「夢を追いかけることは素晴らしい」ってことが全編をとおして伝わってくる。ヒビトを見送るシーンでは人類で最初に月に降りた一人、バズ・オルドリン本人(たぶん?)が出演するサプライズもあって、夢について語るあたり重みのあるものになっている。どうやら子供たちや夢を忘れた大人たちにも夢を見させてくれる作品である。
( ̄ー ̄)ニヤリ


評価:


« Black & White | Main | 幸せの教室 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

ジョニー・タピアさん

ジャンルは違っても、どちらも面白い作品でしたね。
いい勝負でしょう。
こうなると原作コミックが読みたくなりますね。

結構いい映画でしたね

テルマエ・ロマエとどっちが売れるでしょうね~

いい勝負しそうっす

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宇宙兄弟:

» 「宇宙兄弟」行けえええぇぇぇぇぇ~!! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[宇宙兄弟] ブログ村キーワード  昨今大流行りの人気原作コミック、またまた実写映画化。「宇宙兄弟」(東宝)。宇宙という壮大なスケールのお話を、なかなかガンバって映像化していますよ。  2006年7月9日、南波六太(ムッタ)と日々人(ヒビト)の兄弟は、偶然月に向かって飛ぶUFOを目撃。興奮した2人は『将来、2人で宇宙飛行士になろう』と約束する。時は流れ2025年、弟・ヒビト(岡田将生)は、約束どおり宇宙飛行士となり、間もなく月へ旅立とうとしていた。一方、自動車会社に勤めていた兄のムッタ(... [Read More]

« Black & White | Main | 幸せの教室 »