September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« 日本インターネット映画大賞 外国映画部門に投票 | Main | ALWAYS 三丁目の夕日‘64 »

マイウェイ 12,000キロの真実

Mwey 幼い頃からマラソンでオリンピック出場を夢見る辰雄とジュンシク。ある事件から反目しあうようになった。やがて戦争が始まり、辰雄は司令官になり、ジュンシクは兵士として再会する。

 オダギリジョーとチャン・ドンゴンの共演が注目の戦争映画。そのほか日本人キャストも多数出演している。ゆえに内容はリアルなものかとおもったら、細かいところは無視しているらしく、当時のいろんな戦場を観ているような感覚だった。これはノルマンディ上陸作戦で捕虜となったドイツ兵の中に一人の東洋人がいた、といったエピソードから膨らませた物語ということである。
 そのためだろうか、辻褄があわないところもあって、歴史的な事実と絡めて見ても物語としてつっこみどころが多い。日本とソ連、そしてドイツの軍服を着て戦場に立つ。はたしてこんな数奇な運命があるだろうか?もっとも、友情が大きなテーマとなっており、辰雄とジュンシクは祖国へ帰り夢をかなえることができるのか。そこがドラマとしての見どころだったのだろう。
 でも、戦争描写が強調されているためか、二人の心の内が読み取れない。数奇な運命を辿りながら変化してゆく二人の関係。冒頭のシーンからエンディングまでが、とても遠まわりに感じられる。そして感動のエンディングとなるはずではなかったか。しかし、そもそも子供の頃から友情やライバルとしての意識があったのかさえ読み取れない。そのあたり、映画の半分くらいは日本軍が残虐といわんばかりのシーンゆえだろう。ここでは辰雄が、いかにもといった軍人になっていた。しかも大佐?部下も極悪というか笑えるレベルでシャレにならない。これは観ているのが嫌になるくらいだ。
 やがて後半はソ連の捕虜として強制労働をさせられ、またドイツとの戦場へ駆り出される。そして再び捕虜になるという。つまり日本、ソ連、ドイツで軍人として戦争に加担させられたわけだ。後半だけ見れば言わんとするのが戦争の不条理ともとれる内容だけに、二人の友情部分が見えないのが物足りないところだ。
一枚の写真の真相は如何に・・・┐(´-`)┌

評価:


« 日本インターネット映画大賞 外国映画部門に投票 | Main | ALWAYS 三丁目の夕日‘64 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マイウェイ 12,000キロの真実:

» マイウェイ 12,000キロの真実 [風に吹かれて]
恩讐の彼方に公式サイト http://myway-movie.com監督: カン・ジェギュ  「シュリ」 「ブラザーフッド」1928年、日本占領下の京城(現ソウル)。憲兵隊司令官を祖父(夏八木勲)に持 [Read More]

« 日本インターネット映画大賞 外国映画部門に投票 | Main | ALWAYS 三丁目の夕日‘64 »