October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« ステキな金縛り | Main | インモータルズ »

1911

1911 1911年、中国は欧米列強の脅威にさらされ、清王朝は衰退の一途をたどる。事態を憂いた孫文たち革命派は、ついに武装蜂起を決意した。指揮を託された黄興(こうこう)は同志たちと総督府に攻め込むが失敗。この戦いで多くの仲間を失い悲しみに打ちひしがれる。

 ジャッキー・チェンの映画出演100本目を飾る作品にして、中華民国建国のきっかけとなる辛亥革命100周年を記念して創られた作品。ジャッキーが総監督と主演をかねているあたり、作品に強いこだわりが感じられる。100本目ということで、振り返れば昔の作品が懐かしいかぎり。ここでは息子ジェイシー・チャンとの親子で共演というのも注目なのだろう。
 今作はテーマが意味深いだけに、いつものジャッキーとは違った一面を見せる。当然いつになく真面目な作品になっている。でも、ちょっぴりサービスなのか?カンフーも見せてくれる。まぁ、過剰な演出も無く歴史物の作品として淡々と描かれているようだ。
 ジャッキーが演じているのは革命軍の指令官・黄興で、革命の功労者でありながら、あまり知られていない。劇中では武装蜂起の失敗で同志を失った責務に苦しむも、高まる革命運動によって再び立ち上がる姿が描かれている。蜂起した民衆や若者の姿が印象的で、違った視点から革命をとらえているようだ.
 歴史物の作品として楽しめるが、気になるところは孫文や黄興をはじめ、個々の登場人物について深くは描かれていないこと。主演のジャッキーはもとより、誰を中心に描いているのか曖昧な感じもする。どこか脇役のようにみえるジャッキーである。あくまでも歴史を振り返るような作品ではなかろうか。もっとも、革命の主役は民衆であって辛亥革命の意味を強調しているのかもしれない。
 100本目と100周年、これで一区切りなのだろうか?ある意味、まだまだといったところかも・・・ジャッキーの更なる活躍を見たいものである。(o・ω・)ノ))


評価:moon2

« ステキな金縛り | Main | インモータルズ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48770/53205062

Listed below are links to weblogs that reference 1911:

« ステキな金縛り | Main | インモータルズ »