December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« July 2010 | Main | September 2010 »

August 2010

ベスト・キッド

Besutokiddo アメリカから北京へ、新しい生活をもとめて引っ越してきた少年ドレと母。ドレは言葉や文化の違いになじめず、地元のカンフー少年たちに虐められる日々を送る。ある日、マンションの管理人ハンに助けられたドレは、彼からカンフーを教わることに。

 かつて大ヒットした格闘技映画をリメイク。今作では舞台を中国へ移し、空手からカンフーへと大胆に設定が変わっている。これでは原題のカラテ・キッドならぬカンフー・キッドになってしまうのではなかろうか。オリジナルを知っていると、ちょっと寂しい感じがする。
 注目はカンフーの師となるハンをジャッキー・チェンが演じていること。まだ早いと思えるものの、ジャッキーもついに師匠とは・・・時代を感じさせる。久しぶりの登場では、くたびれた初老の男といった出で立ちがショックだった。そうはいっても、劇中でみせるカンフー・アクションはジャッキーらしいもので楽しい。
 そして、物語はもとの作品と同様なので、もはやネタバレだろう。やはりカンフー大会へ参加するという、あの展開となる。どうなるか知っていては面白みが半減しそう。特訓の過程など、このあたりの違いを楽しんでもよいのだろう。そこで子役のジェイデン・スミス君の演技に見入ってしまう。身体を張った演技と役作りには脱帽だ。ただ、アメリカンなノリがコミカルで、いじめられっ子には見えないかも。劇中では異質な存在感をみせている。たんなるリメイクではないといったところだろう。ジャッキーの演技と絡んで笑いのツボは多い。
 なんだか昔を思い起こされたものの、懐かしくも新しい『ベスト・キッド』は違った余韻を味わえた。もとはシリアスだったゆえに、違和感があるかもしれない。でも、オリジナルを知らなければ、これはこれで楽しめる作品になっている。
 感動が足りないのは、リメイクゆえか。それとも笑えすぎたからだろうか。オリジナルは3作創られているわけだが、はたして続くのだろうか・・・。
( ´艸`)プププ


評価:moon2

特攻野郎Aチーム THE MOVIE

Tokkou ハンニバルことスミス大佐率いる抜群のチ-ムワークを誇る特殊部隊“Aチーム”。イラクの極秘任務で作戦に失敗、犯罪者として刑務所送りになってしまう。でも脱獄はお手のもの、名誉を回復し自分たちをハメた黒幕を暴くための作戦を実行する。

 なんとも懐かしい面々が還って来た。かつてTVシリーズで楽しませてくれた『特攻野郎Aチ-ム』が劇場版としてリメイク。80年代の作品をいまさらとも思えるものの、当時の興奮が蘇ってくる。オリジナルのメンバーを見たいところだが、それは無理か・・・。
 ときに無謀で、ちょっぴりお馬鹿で、ありえない作戦を繰り出す個性的な面々。4人集まれば不可能は無い最強のチームであった。ハンニバル役のリーアム・ニーソンをはじめキャストは違うけれど、当時の雰囲気を醸し出している。フェイスマンやマードック、それぞれのキャラクターに、いい感じにはまっているのではないだろうか。
 物語は、お尋ね者となる“Aチーム”誕生までを描いていてTV版と同様の展開となるが、ひねりを加えたストーリーが最後まで飽きさせない。ここでは、米ドル紙幣の原版をめぐる陰謀に巻き込まれてしまう。チーム結成のエピソードも加えて、TVドラマを知らなくとも楽しめそうだ。そのあたり、モヒカンがトレードマークのB.A(コングのほうが馴染)が飛行機嫌いなわけなど、当時の疑問も明らかになって、ちょっとすっきりした気分だ。お約束のフレーズや展開もそのままで懐かしいかぎり。
 そして劇場版ならではのアクションもスケールアップ。想像を超えた映像は、やりすぎ?いやはや、久しぶりなのでこれくらいがちょうどいい・・・かも。笑えて!驚いて!そして、やっぱり笑える。理屈のいらない娯楽作だ。
 せっかく結成したAチームなのだから、この作品だけではもったいない。もう少し見たいところだ。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ


評価:moon2

魔法使いの弟子

Mahoutukai 現代のニューヨーク、気弱な物理オタクの青年デイヴのもとに魔法使いが現れた。デイヴは、800年にわたり繰り広げられてきた魔法戦争を終わらせる伝説の魔法使いの後継者だという。理由もわからぬまま戦いに巻き込まれ、弟子となってしまう。

 ディズニーの名作『ファンタジア』の一編をもとにした作品。それにしても、随分と話を拡げたものだ。善と悪の魔法使いの戦いは、古より現代へと続いているという。その戦いを終わらせることができるのは、今は亡き偉大な魔法使いマーリンの後継者となる“選ばれし者”だとか。もとネタは一部にすぎないようで、少々、冒頭から解説っぽいところも。
 ここで偶然の出会いから“選ばれし者”とされてしまう青年デイヴは、冴えない物理オタクの大学生で、ケンカなどしたこともない。落ちこぼれ少年の成長を描く、よくある話である。そんな彼に、世界を救う為といい魔法の特訓をはじめるバルサザール。“選ばれし者”を探し続けてきた魔法界の指導者を、ニコラス・ケイジが怪しくも何処かコミカルに演じる。こういった役を演じると、いい感じにはまるものだ。彼は800年も生きてきたわけで、時代遅れのいでたちでも昨今の事情にも詳しい。よくわからない理屈だが、プラズマを出したり、魔法は物理と関係があるようで、デイヴも納得している。そのあたり、デイヴの知識が役に立つことにも。でも、世界の危機より恋に忙しいデイヴは特訓に集中できない。なんともかみ合わない師匠と弟子の関係が笑える。
 そんなこんなで、悪の魔法使いが牢獄より抜け出し、デイヴと恋人の身に危機がせまる。これでは戦わずにはいられない。魔法と物理は映像としても面白いところで、現代の魔法使いらしくカーチェイスも繰り広げている。
 物語は善と悪、魔法は世の為にあるのか、私欲の為か・・という分かりやすい構図。気弱な青年が愛と勇気と希望をみせてくれる、ディズニーらしい作品だった。それにしても、デイヴは選ばれし者だったのだろうか。もう、元には戻れないのでは・・・。
(゚m゚*)


評価:moon2

ソルト

Salt1 CIAの分析官ソルトは、ある日、ロシアからの密告者を尋問中に、2重スパイの疑いをかけられてしまう。拘束される寸前で逃走した彼女は、身の潔白を主張しつつもアメリカ副大統領の葬儀に現れ騒ぎを起こす。

 近ごろは社会派ドラマもこなすアンジェリーナ・ジョリーが、久しぶりに激しいアクションを魅せる。これまで以上に本格的なアクションとドラマに、新たなスパイ・ヒーローの誕生かと思えるくらい新鮮なキャラになっていた。
 ここで密告者が語るのは、潜入中のスパイが一斉蜂起するというx-day。すでに大勢のスパイが潜入しているというわけで、なんだか最近のニュースに重なってタイムリーなネタである。しかもソルトはCIAのエージェントでありながらロシアのスパイだと告げられる衝撃の展開だ。疑いがかけられて、何故か逃走してしまうあたり真実は如何に。無実を訴えながらも、密告者の言葉通りに訪米中のロシア大統領の暗殺を実行する。いったい彼女は何者なのか?どちら側のスパイなのか?彼女の心が読めずに、謎めいた展開が最後まで続く。
 スリリングなクライム・アクションが見ものだった。次々に迫る危機をすり抜け、命がけの逃避行を続ける。こんなスパイがいるのかはさておき、イヴリン・ソルトはごく普通のキャリア・ウーマン風である。それが逃走するなか、しだいに本性をあらわにしていくように、バイク・アクションに格闘技、ガンファイトとジェイソン・ボーン顔負けの派手な活躍ぶりだ。途中で髪型も変えているせいか、物語の進行とともに彼女の表情も変わってくるようだ。
 それにしても、痛快なアクションと少し重いドラマに引き込まれた。物語の背景は実際の事件と重なってリアルなもの。フィクションとはいえ、ここでは思いっきり敵国を名指ししたりして大丈夫なのだろうかと心配になる。
 しかし、彼女については謎ばかりでスッキリしないところも。このエンディングだと、次もあるのではと期待してしまう。もう一度、登場を願いたいが、そんなに、あまくないか・・・。( Д) ゚ ゚

評価:moon1


« July 2010 | Main | September 2010 »