October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« アイアンマン2 | Main | アデル ファラオと復活の秘薬  »

ザ・ウォーカー

The_walker 戦争で崩壊した世界に一冊だけ残った“ある本”を持ち、ひたすら西へ向かう男がいた。彼はカーネギーという男が支配する街でトラブルに巻き込まれる。カーネギーは自らの支配を強めるために、“ある本”を探し続けていた。

 戦争で崩壊した近未来を描くサスペンス・アクション。生き残った人々は、文明のかけらを奪い合うというダークな世界だ。そんな世界で30年も旅を続ける一人の男が主人公である。剣術に長け、めっぽう強いとあっては、まるでヒ-ローのようだ。でも、面倒なことは避け、他人との関わりを拒んでいる。ある本をあるべき場所へ届ける為、ひたすら西へ向かうのだという。スタイリッシュなアクションを魅せ、ちょいコワモテの旅人イーライを演じるデンゼル・ワシントンがシブイ。対して街の支配者カーネギーを演じるゲーリー・オールドマンは、インテリな悪者ぶりが似合っている。演技も含めてシブイ両雄の対決が見ものだった。
 それにしても戦争前を知る二人が争うことになるとは、その本には何が書かれているのか?彼が目指す場所は・・ある本とはいったい・・・。最後まで謎めいた展開が衝撃の結末を期待させる。でも、ある程度は察しがついてしまうはず。イーライが云うには世界を崩壊させた原因であり、また人々の希望なのだと。カーネギーにとっては人々の心を支配できる武器であるらしい。なんとも見かたを変えれば都合の良いものである。どうやら現代にある問題を風刺的に描いているようだ。
 でも、何だかなぁ・・。旅の終わりは意外な場所でも、皮肉にしか思えない。はたして彼は救われたのか?想いは遂げられたのだろうか。この先、世界はどうなってゆくのか分からないのが物足りないところ。それは、この本の使い方しだいなのだろうか。もっとも、最後に本の中身が明らかになるときは別の意味で衝撃的だった。イーライはなんで強いのか?いったい何者だろう。そちらのほうが謎のようで気になる。 Σ(・ω・ノ)ノ!


評価:moon2


« アイアンマン2 | Main | アデル ファラオと復活の秘薬  »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48770/48704925

Listed below are links to weblogs that reference ザ・ウォーカー:

» 映画「ザ・ウォーカー」ただ一つ守りたい本があった [soramove]
「ザ・ウォーカー」★★★☆ デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、ジェニファー・ビールス出演 アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ監督、118分 、2010年6月19日、10,アメリカ,角川映画、松竹 (原題:THE BOOK OF ELI )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「やはり人類には明るい未来というのは 無いのだろうか、 ここで描かれるのも、たぶん... [Read More]

« アイアンマン2 | Main | アデル ファラオと復活の秘薬  »