October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

« オーシャンズ12 | Main | ボーン・スプレマシー »

アレキサンダー

arex 史上初めて世界を統一したというマケドニア王アレキサンダー。歴史上で語られる人物だが、その生涯については確かに謎である。なぜ、20歳で王になったのか、他を圧倒する強さを持ちえたのか、困難な道のりを進み世界の果てを目指したのか・・・
 数々の戦争をテーマにした作品を手がけるオリバー・ストーン監督による、壮大なスケールで描く大作である。しかし、彼が描くのは英雄の栄光ではなく挫折する姿。3時間弱の作品であるが、三分の二は苦悩する大王の姿であり、痛快な活劇を期待すると少々キツイかもしれない。
 主演のコリン・ファレルは若きアレキサンダーを熱演しており、母親役のアンジェリーナ・ジョリーも妖しい演技を見せる。ちょっと若すぎて親子に見えなかったりするのはご愛嬌かな。映像的には、激しい戦いを最新の映像技術で表現しており、4万対25万というガウガメラの戦いを再現する。さらにインドでは巨大な動物まで登場して、このあたり驚きの映像をみることができるだろう。
 歴史上の人物を描いたこの作品の伝えるものは何だろう。アレキサンダーが遥か一万キロも遠征して、見知らぬ部族まで支配するあたり、東西文化の融合と言いつつその実、単なる征服者であり略奪者でしかないという現実である。途中まで見ていて気が付くが、これって今現在おきていることとダブって見える。オリバー・ストーンらしいといえるが、ある大国のしていることを風刺した作品なのだろうか。2千年以上も前の出来事が現在とシンクロするなんて、なんとも滑稽である。結末はアレキサンダーが病に倒れたあと、帝国は分裂してしまうのだが・・・。現実の世界ではそうならないことを祈りたい。そういう比喩した見方もできるが、この作品を純粋に歴史物の作品として見るには少々物足りない。大遠征を描くにはエピソードが少ないのではないだろうか。はたして王位をめぐる争いを描いたのか、幼少期のトラウマとの葛藤を描いたものなのか、さまざまな要因をにおわせるが、彼が求めたものは示されない。謎は謎のままということだろう。このところ歴史物の作品がいくつか公開されているが、人物の捉え方は随分と違うものである。遥か昔の物語、想像するしかないのだが、いずれも人間くさい英雄のようだ。

« オーシャンズ12 | Main | ボーン・スプレマシー »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48770/2946849

Listed below are links to weblogs that reference アレキサンダー:

» 「アレキサンダー」 [ひらりん的映画ブログ]
アレキサンダー見る為にひらりん、チネチッタに初剣参っ。 いつも行ってる「TOHOシネマズ」はプレミアスクリーン(2400円)だったから。 レイトショウ(1200... [Read More]

« オーシャンズ12 | Main | ボーン・スプレマシー »