August 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

Main | オーシャンズ12 »

ネバーランド

never 1903年のロンドン。劇作家のジェームズ(ジョニー・デップ)は、新作が不評で悩んでいた。失意の中、日課である散歩の途中、未亡人シルヴィア(ケイト・ウィンスレット)とその4人の息子たちと出会うこととなる。ジェームズは子供たちと仲良くなるが、三男のピーターは子供らしさを失い、心を閉ざしていた。

 「ピーター・パン」の原作者であり劇作家のジェームズ・バリが、モデルとなった少年と出会い、その物語を完成させるまでを描いた実話に基づくストーリーである。誰もが知っている「ピーター・パン」が完成するまでに、さまざまなドラマがあったこと、実在の少年がモデルになっていたことなど知られざる舞台裏を描く。しかし、たんに物語ができるまでを描いただけではなく、少年たちや周りの大人たち、そしてジェームズが悲しみを乗り越えて成長する姿を描いており、もう一つのドラマとして注目したい。それは実話のピーター・パンストーリーと言えるだろう。主演のジェームズ・バリを演じるのはジョニー・デップであり、劇中で子供たちと芝居をして遊ぶ姿は幅広い役を演じてきた彼ならでわ。脇を固めるのは、「タイタニック」のケイト・ウィンスレット、「フック」のダスティン・ホフマンとなぜか意味ありげに思えてしまう配役でもある。
 ストーリーとしては、実話が基になっているだけに素直に感動できる。しかし、子供たちとの交流からピーター・パンの着想をどうやって得たのかわかりにくいし、ジェームズのイメージするネバーランドも抽象的である。つまりジェームズ自身について分からないことが多く、彼の懐く世界を表現するには心もとない。もっとも“ネバーランド”とは人それぞれのイメージであるのだから、テーマとしてはどう解釈するか難しい。伝わり方も人それぞれであろう。夢見る心、現実を受け入れる心、それが必要なのはピーターだけではないはず。悲しみを乗り越える為に必要なものだとしたら、それは誰の心にも必要だ。いや、ネバーランドは誰もが持っているものなのかもしれない。自分にとっての「ネバーランド」とは・・・そんなことをふと思わせる。

Main | オーシャンズ12 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48770/2909558

Listed below are links to weblogs that reference ネバーランド:

» ファインディング・ネバーランド [シカゴ発 映画の精神医学]
 この作品は、12月1日、全米批評家協会作品賞を受賞しました。アカデミー賞へ向けての、賞レースの一番最初の賞です。 http://movie.goo.ne.j... [Read More]

Main | オーシャンズ12 »