December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

Categories

  • HOBBY
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌

バイオ・ハザード: ザ・ファイナル

Baiof 世界に蔓延したTウィルスによって48時間後に人類は滅びるという。この危機を救う鍵は、始まりの地ラクーンシティの地下施設ハイブにあった。クレアたちと合流したアリスは最後の戦いに臨む。

 大ヒット・ゲームからスピンオフした映画シリーズも遂に6作目。今作で最後というわけで、ミラ・ジョボビッチ扮するアリスの物語も核心に迫ります。何だかシリーズが進むにつれて謎が深まり、どう終わらせるのか気になるところでした。前作Vのラストからどうなったのか?ゲーム・キャラが多数登場した前作との繋がりは曖昧です。今回は敵対しているウェスカー。そしてアリスに味方する人工知能レッドクイーンと分かりにくいところですね。ウェスカーとクレア以外のキャラたちはどうしているのかも気になるところです。でも、ウィルスがなぜ蔓延したのか?アンブレラ社は何をしようとしているのか?アリスの過去とは?シリーズの謎が次第に明らかになってゆきます。
 今作の舞台となるのは1作目と同じラクーンシティにあるアンブレラ社の地下施設でした。そこにはTウィルスへの抗ウィルス薬があるというわけですね。そもそもバイオ・ハザードが起きたのはアンブレラ社の陰謀だったらしい。増えすぎた人口を減らすって・・・、そりゃ人類の大半を死滅させるとはやりすぎでは・・・・。かなり強引な展開ですけど、これまでの辻褄を合わせて纏めています。
 ハイブを目指すアリス、そこにたどり着くまでにゾンビ軍団が怒涛の如く襲ってきます。ゾンビ犬や地下施設の棒御システムとの攻防など、シリーズで描かれてきたシーンの総決算といったところです。ゲーム的な展開といい、アクションも程よく入っていて楽しめました。そして、アリスは何者なのかが明らかになっています。「ああ、そういうことか!」と納得の展開です。まぁ、うまく纏めたようでスッキリ、ゲームをクリアした気分です。(^-^;


評価:moon2

ローグ・ワン/ スター・ウォーズ・ストーリー

Roguwan 帝国軍は究極兵器デス・スターによって銀河の支配を目論む。情報を掴んだ反乱軍は兵器の設計図を手に入れるために極秘チームを送り込んだ。ジン・アーソは無謀なミッションに志願するが、デス・スターの情報には生き別れた父親からのメッセージが託されていた。 

 再始動したスター・ウォーズ・シリーズから待望のスピンオフ作品です。これは最初の作品エピソード4の前日談となるものですね。冒頭の字幕でサラサラと説明されていたところで、反乱軍がデス・スターの設計図を手に入れたエピソードが描かれています。さすがに簡単にはいかないわけで、とある部隊の決死の活躍があったというわけです。
 ところでスター・ウォーズはSFですが、家族のドラマだったりします。ここでもジン・アーソの家族の物語になっていて、技術者としてデス・スターの開発に携わる父親と生き別れた娘のドラマがありました。少し残念なのは主人公ジン・アーソの生い立ちは描き切れていないところでしょうか。育ての親は過激な反乱軍ゲリラで、二人の関係は複雑なようです。まぁ、物語はいろんな人物が出てきて盛りだくさんですから、ドラマ部分は窮屈に感じました。
 もっとも、映像は存分にスター・ウォーズの世界を堪能できます。旧三部作に登場した戦闘機やメカなどが所せましと活躍していますから、見ごたえのあるシーンになっています。そして、悪の権化ダース・ベイダーも登場しています。今作ではフォースを使うのは彼だけですから憎いくらいの強さですね。最後に姫も出ていましたが、この後に捕まっちゃうのでしょう。
 映像には何とも懐かしさもあり新しさも感じられる作品でした。何所かで見たようなシーンが多々、見受けられるのは気になりますけど・・・。この作品単体でもスター・ウォーズの世界を楽しめますが、シリーズとの繋がりが感じられて、続けてエピソード4を見るとより楽しめそうです。 ( Д) ゚ ゚

評価:moon1

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

Fantasticbeasts 世界を旅する魔法動物学者ニュート・スキャマンダーはニューヨークを訪れた。彼の持つ魔法のトランクには保護した魔法動物が詰め込まれている。ところが、ひょんなことから人間のトランクと取り違えてしまい、動物たちが街に逃げ出し騒動を巻き起こすことに。
 
 ハリーポッターの世界で繰り広げられる新シリーズがスタートです。優秀だけれど、ちょっと不器用な魔法使いニュート・スキャマンダーが主人公となっています。1926年のニューヨークが舞台ですから、ハリーポッターの時代よりかなり前の話となっていますね。つながりとしては、彼がこの後に書いた「幻の動物とその生息地」はホグワーツで教科書となっているという。まぁ、そこまで気にしてハリポタ観ていませんが、人や物など随所に繋がりが見えます。
 そして、ニューヨークでは今回ヒロインのティナと出会います。合衆国魔法議会で働いていて、ニュートの違法行為を目撃したことから事件に巻き込まれてゆきます。N.Yを騒がせている怪現象がニュートのトランクから逃げた魔法動物の仕業ではないかと疑われています。この魔法のトランクの中は広大な動物園みたいですね。ティナの妹クイニーや人間のジェイコブらと幻獣の回収に奔走することになります。追い詰められた状況なんだけど4人のやり取りはほのぼのとしています。
 実際に怪現象を引き起こしていたのは闇の魔力オブスキュラスということらしい。そして闇の魔法使いの登場でダークな物語になってゆくのだろうか。最後に登場したのは、なんとジョニー・デップではないか!キャストにはいっているとは知らなかったので驚きです。何だかコリン・ファレルの立場って・・・まぁ、次回に期待が持てそうですが。
 新たなシリーズはハリーポッターよりも大人な物語になっていますし、物語として綺麗にまとまった感じがします。シリーズとして続いていくようですので、世界に拡がった魔法の世界が見られそうです。o(*^▽^*)o


評価:moon1

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

Jyakkuritya_2 流れ者の元陸軍憲兵隊捜査官のジャック・リーチャー。彼は憲兵隊のターナー少佐と会う約束をしていたが、訪ねると彼女はスパイ容疑で逮捕されていた。軍内部の不審な動きに気づいたリーチャーは、彼女と逃亡を図り真相を探ってゆく。 
 
 凄腕の流れ者ジャック・リーチャーが再び返って来ました。前作『アウトロー』では主人公にして、もう無茶苦茶やっています。無法者には無法者といったところでしょうか。いったい何者なのか?いきなり登場した印象で人物像がつかめなかったのですが、今作ではタイトルもズバリ『ジャック・リーチャー』というわけで、劇中で過去の経歴も明らかになっています。陸軍内では伝説的な人物だったのですねぇ、これで強さも納得です。
 今回は事件絡みで知り合った憲兵隊のターナー少佐と会うことを楽しみにしていたリーチャーです。互いに惹かれるところがあったのでしょう。今作でのマドンナ的な役回りです。二人の微妙な関係はどうなるのか。しかし昔の女から娘の養育費を求められていて、ややこしい展開となっています。どうやら女には弱いところも垣間見えて人間臭いヒーローなのですね。
 ターナー少佐は軍内部の不正を捜査していたことから陰謀に巻き込まれていました。リーチャーは、もはや軍の捜査官ではないのですが咄嗟に助けに行ってしまうという無法者ぶり。二人はお尋ね者になってしまいます。殺し屋に狙われるし、娘?も巻き込んでの逃避行をすることになるとは・・・。いきなり娘(かもしれない)が現れてもねぇ。そりゃあ強いだけじゃない、不器用な一面も見えてリーチャーに親近感がわいてきます。
 流れ者が事件を解決して去ってゆく。しかも、関わった人たちを幸せにしてゆくあたり、何だか日本のある映画を思い浮かべてしまいました。原作は長いシリーズのようで、次も期待したいところです。( ̄ー ̄)ニヤリ


評価:moon1

ミュージアム 

Myujiamu 雨の降る日に次々と起こる猟奇殺人事件。事件の関連性に気づいた刑事の沢村は犯人の実像に迫るが、やがて妻子がターゲットになっていることを知る。窮地に立たされた沢村は、カエルのマスクを被り犯行を続けるカエル男の罠に次第にハメられてゆく。 

 同名の漫画が原作のサイコスリラーです。カエルのマスクを被った不気味な犯人と、家庭を顧みない仕事一筋の刑事、沢村との駆け引きが見どころです。それにしても犯人は強烈なキャラですねぇ。これって実写になると不気味すぎます。
 事件を刑事の沢村が追うなか、表現者を名乗るカエル男はターゲットを調べ上げ、意趣返しのような殺人を行っています。「ドッグフードの刑」や「均等の愛の刑」などブッラックユーモアを形にしたような私刑はエグさがあります。実写ならではのショッキングなシーンとなっていますし、これは笑えませんねぇ。そして犯人を追いかけている沢村がターゲットとなってしまうあたりスリリングな展開です。
 犯人は誰なのか?動機は何なのか?被害者たちの接点が明らかになり、沢村の妻がターゲットになるというわけです。犯人が分かってからは、動機は何だかなぁーって感じですが、なにしろ常軌を逸していますからね。沢村も次第に常軌を逸してゆくなか罠にハメられてしまいます。監禁された沢村はどうなるのか・・・カエル男の作品となってしまうのか?何を企んでいるのか分からないところが怖いです。この展開は狙い通りに妻子が最悪の事態を想像させますよ。そこは、どういうアート作品にするつもりだったのか?カエル男の企ては、ちょっと詰めが甘い気もします。まぁ、おかげで事件は解決するのだけれど・・・。
 昔のヒット作にも似た内容のサイコスリラーでしたが、ちょっぴりユーモアも加えたあたりが別の怖さを感じさせる作品ですね。w(゚o゚)w


評価:moon1

インフェルノ

Inferuno  記憶を失ったまま病院で目覚めたラングドン教授。何者かに命を狙われるも、医師のシエナに助けられて逃走をはかる。やがて生化学者ゾブリストによる人類の半数を滅ぼすというウィルス拡散の企みを知ることに。手掛かりはダンテの叙事詩に隠されていた。

 宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授が事件の謎を解く『ダヴィンチ・コード』シリーズの第三弾です。人口増加によって人類は絶滅すると訴える生化学者が、人類の半数を滅ぼすウィルスを拡散しようと企てています。彼が言うには、このまま人口が増えると人類は100年後に絶滅するらしい。だから、無理やり半数にしてしまおうって魂胆です。またもや世界を揺るがす一大事なのです。ラングドンは直前の記憶を失っていますから事情がわからないまま事件に巻き込まれてゆきます。ゾブリストの企ては失敗したもののウィルスの在りかを示す暗号はダンテの叙事詩に隠されているということでした。
 そこでラングドンの出番となるのですが、命は狙われるしウィルスを狙っている者もいて誰が味方なのかわかりません。なにしろ記憶が曖昧ですから、観ている側は全くわかりませんよ。二転三転するあたりは面白いけれど「お前もか!」てな感じですねぇ。唐突に出てくる人物もいて何者なんだか考えてしまいます。それにしても、かなり手の込んだことをするものですね。ひねりすぎかも・・。
 でも、ラングドンが相変わらずの知識と洞察力で暗号を解いてゆくあたりは面白いです。まぁ、次々と謎とヒントが出てくるけれど、これはラングドンにしかわかりませんね。毎回、歴史的な遺物や場所を巡るあたり興味深いところで、今回はダンテについてのお勉強ができそうです。もっとも、ラングドンは命を狙われたりしてハードな旅となっています。そして走る走る!最後はウィルス拡散まで時間との戦いとなりハラハラする展開でした。
 結局のところ、人口増加によって人類は絶滅するのか?まぁ、未来のことは分りませんし、一人に託されても困りものです。 ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ


評価:moon1

デスノート Light up the NEW world

Desunoto 野放しの凶悪犯を次々と死に追いやったキラ事件。それから10年、再びデスノートがばら撒かれ世界は混乱に陥っていた。デスノート対策本部の三島らとLの後継者、竜崎が加わり捜査を始めるも地上には6冊のデスノートがあることが判明する。

 名前を書かれると死ぬという死神のノート。前作では二人の天才による駆け引きが面白い作品でした。10年ぶりの続編ということで、再び世界中で謎の死亡事件が頻発することになります。物語は前作から繋がっていて、デスノート対策本部が捜査をしていますし、探偵Lの後継者も登場します。しかし、今回は6冊ものデスノートが存在するということで、混乱は計り知れません。所持しているのは医師や判事、キラ信者のコメンテーターにサイバーテロリストら、それぞれの思惑でノートは使われています。無差別殺人は起こるし、使い方次第では殺人兵器ですね。所持者は互いに敵対することにもなりますから、こうなると全てのノートを手にしたものが世界を制するわけです。国家を巻き込んだ争奪戦が繰り広げられて混沌としています。
 物語としては面白いのですが、前作の夜神月やLも間接的に登場して後付け的な設定が気になりますね。相関関係がわかりにくいところでした。まぁ、今回はデスノート対策本部の三島、探偵の竜崎、サイバーテロリストの紫苑ら3人の天才による駆け引きが見どころです。6冊を揃えて封印できるのか、それぞれが目指す世界とは何か、新生キラは誰なのか?謎を秘めたまま3人が揃う終盤へと向かいます。
 それにしても、デスノートは死神のルールというわけで、まるでゲームのようです。けっこう細かな決まりがあるようで、使い方を熟知した者が勝つということでしょう。はたしてゲームをしているのは死神か人間なのか?最後はこれでいいのかって感じでしたが・・・。またノートがばら撒かれるのだろうか。(;´д`)トホホ…


評価:moon1

スター・トレック BEYOND

Beyond 長きにわたる深宇宙の探査を続けるエンタープライズ号。宇宙基地ヨークタウンへ寄港したとき、救助を求める宇宙船に遭遇する。早速、未知の惑星へ救助に向かうも、それは罠。異星人の攻撃をうけてエンタープライズ号は惑星へ墜落してしまう。

 歴史あるSF作品をリブート。若きカーク艦長とクルーたちの冒険を描いたシリーズも3作目です。クリス・パインの演じるカークも板についてきた感じです。前作のエンディング゙では5年に及ぶ深宇宙の探査へと旅立っていましたから、今回はその途中のエピソードとなっています。
 旅立って3年、カークは自身の存在意義に悩んでいます。艦を降りるか真剣に考えているよう。一方で盟友スポックも将来について悩んでいます。でも、そんなことを吹き飛ばす出来事が起こるわけです。敵の罠にはまって、エンタープライズ号は大破。墜落してしまいます。何だか毎回のように大破していますけど、いきなり艦を失うとはショッキングですねぇ。しかも脱出したクルーたちは捕虜となってしまいます。今回の敵、異星人クラールはヨークタウンへの攻撃をはじめようとしていますが、それを防ぐ手段がありません。クラールは自身を見失っていますし、惑星連合の存在意義に疑問を投げかけています。今作では、それぞれのアイデンティティーを問われているようですね。そんなこんなですけど、カークたちの活躍で危機を乗り越えてゆきます。スター・トレックらしい物語にダイナミックなアクションと壮大な映像が楽しめました。
 ケルヴィン・タイムラインと呼ばれる、この新シリーズ。以前のシリーズと並行した世界というわけで、彼らの未来はどうなってゆくのか気になるところです。 ∑q|゚Д゚|p


評価:moon1

ジェイソン・ボーン

Jyeisonbon  過去から逃れ、ひっそりと暮らすジェイソン・ボーン。彼のもとにCIAの同僚だったニッキーが現れた。彼女はCIAの極秘プログラムと、ボーンの過去を記したデータを入手して追跡を受けていた。ボーンは真実を求めて組織の陰謀に巻き込まれてゆく。 

 スパイアクション「ボーン・シリーズ」の最新作です。ジェイソン・ボーンの物語は3部作で終わりと思っていましたが、まだ終わってはいなかったんですねぇ。まぁ、4作目は並行した別のストーリーですし、今作はタイトルもズバリ「ジェイソン・ボーン」で、過去に纏わる謎に迫ります。記憶を取り戻したものの、まだ謎があったわけです。そう、父親の死や自らが暗殺者となるいきさつは明かされていませんでした。そこに元同僚のニッキーが情報をもたらしたことで、再び過去を探るために動き出します。
 このシリーズは相変わらずノンストップで続くアクションに引き込まれてしまいます。暗殺者の追跡もしかり、見ごたえのあるシーンの連続です。今回は派手に暴れすぎでしたが・・・。ボーンは長年CIAの追跡を逃れていたのだけれど、なにしろ最強の人間兵器ですからねぇ。担当するCIAのリーはボーンを復帰させようと画策しますが、流出したデータごと抹殺してしまおうとする上司がいます。トミー・リー・ジョーンズが演じていて、うさん臭さがいいですね。その中でCIAの新たな陰謀が明らかになってゆくわけです。リーはボーンの敵か味方か?以前のシリーズ同様の展開になっていますけど、それぞれの駆け引きがスリリングです。
 前作で姿を消したボーンは、その後どうなったのか気になるところでした。それを受けての今作では全てが明らかになったわけです。何だかCIAには陰謀ありすぎでスッキリしないところですが、ボーンの物語としては終わりをみたようでスッキリしました。 モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

評価:moon1

ハドソン川の奇跡

Hadosongawa 2009年1月15日、ニューヨークを飛び立った旅客機は、突然エンジンが停止してしまう。空港へ引き返すことは不可能と判断した機長のサリーは咄嗟にハドソン川へ不時着を決断する。乗客全員が生存という偉業に“ハドソン川の奇跡”としてサリーは英雄となるが・・・

 絶望的な航空機事故から生還した実話を基にした作品です。2009年のことですから記憶にも残っていますね。大都会の上空で墜落したなら大参事になるところです。機長のサリーはハドソン川への不時着を決断するのですが、まったく迷っていません。迷っていたなら間に合わないところでした。そんな奇跡的な出来事を劇中で見るわけで、実際に起きたことゆえに緊迫感があります。
 ここで乗客全員が生還するという偉業にサリーは英雄となります。サリーの操縦技術と判断によるのは確かです。しかし、メデタシとならないのが現実のようです。この作品のなかで事故調査委員会はサリーの判断に疑問をいだいています。事故のニュースでは語られない一面ですね。川への着水は危険な行為でもあるわけです。その辺のところは劇中で納得です。当然、飛行機は沈んでしまいます。しかも真冬の川に飛び込む乗客もいますから。事故調査委員会は着水という究極の判断に疑惑の目を向けています。本当に空港へ引き返せなかったのか?フライトデータにはエンジンがまだ動いていた可能性が示されていますし、シミュレーションでは可能という結果がでています。引き返せたなら飛行機も無事ですし、乗客も危険にさらすこともないですからねぇ。
 その辺のところでサリーと事故調のやり取りをみるのですが、どちらが正しいのか?そんなことは観ている側には理解できません。まぁ、現場と事務方では認識の違いがあるあたり、何だか身近に感じるところでもあります。ちょっとドラマ部分は薄いけれど、様々な思惑が交錯する現実のなか、確かに奇跡を見たようです。( ̄Д ̄;;


評価:moon2

«BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント